上武大学

CLOSE

2010/3/9
【テニス部】関東学生新進テニス選手権大会・男女W優勝
 関東学生テニス連盟が主催する平成21年度関東学生新進テニス選手権大会のダブルス決勝戦が3月8日に東京・有明テニスの森公園で行われ、本学テニス部の選手が男女とも初優勝を飾りました。
 男子ダブルスでは、長尾克己(ビジネス情報学部2年)・小野田賢(青山学院大)組が、田村・長久保組(亜細亜大)に6-7、6-4、6-3のスコア、女子ダブルス決勝戦でも第1シードから勝ち上がった鍋谷昌栄(同学部2年)・今出川教子(同学部2年)組が原谷・降旗組(青山学院大)を6-4、6-3で下し、男女ともうれしい初優勝となりました。関東学生テニス連盟主催の公式大会で本学の選手の優勝は初めてのことです。
 大会後、長尾選手は「学生の大会での優勝は初めて。パートナーの小野田選手とさらに上を目指していきたいです」、今出川選手は「優勝できたのは周りの皆さんのサポートのおかげ。皆さんに感謝しています」、鍋谷選手は「試合後、監督やコーチがうれしそうな表情をしていたので感激しました」と喜びを話していました。
 同大会では、男子シングルスで長尾選手が3位、女子シングルスで今出川選手がベスト16の成績を残しました。
左が長尾選手 左から今出川選手、田中芳伸監督、鍋谷選手
Copyright (C) 2010 JOBU UNIVERSITY. All Rights Reserved.