新着情報

ホーム > What's New

What's New

2012/2/28

平成23年度学内研究会を開催しました

2月27日(月)高崎キャンパスにおいて、教育および研究の質向上を目的とした学内研究会を開催しました。研究会は4部構成で、第1部では講演、第2部で研究発表、第3部ではパネルディスカッション、第4部で特別講演が行なわれました。また研究・活動発表のポスターセッションもあり充実したプログラムとなりました。参加者からも多くの質問が寄せられ活発な意見交換が行なわれました。

 

プログラム

■第1部
講演
「学校法人学文館医学生理学研究所」 
上武大学副学長 澁谷 正史
「新町地区の水害時要援護者の避難支援方法について」
高崎市新町支所地域振興課長 斎藤 忠男氏 同福祉課長 河田 美枝子氏

■第2部 
研究発表
「看護教育におけるOSCEの導入」
看護学部教授 小澤 芳子
「法人税法における同族会社の行為計算否認規定に関する研究
−「法人税の負担を不当に減少させる」の意義について−」
大学院経営管理研究科修士課程2年 木村 伸子
「セブン&アイ・ホールディングスの企業分析」
大学院経営管理研究科修士課程2年 張 春学
「中学生におけるスポーツ特性と生活充実度」
ビジネス情報学部スポーツマネジメント学科学士課程4年 松尾 勇貴
「パッケージデザインの研究−著名製菓会社にみる商品パッケージの変遷とその効果−」
経営情報学部メディアマネジメント学科学士課程4年 岩崎 匠也
「臨床看護師が感じた倫理的ジレンマについて−実態と対応」
看護学部看護学科学士課程4年 卯月 貴子

■第3部
パネルディスカッション

「全学合同ピアレビュー−学生とのコミュニケーションのとり方−」
ビジネス情報学部講師 小野里 真弓
経営情報学部准教授 小林 康彦
看護学部講師 高野 みどり

■第4部
特別講演
「私の数学研究作法(物理学・物理学者とのつきあい方)」
東京大学数物連携宇宙研究機構(IPMU)特任教授 土屋 昭博氏

■研究・活動発表ポスターセッション
「ドラッカー研究」
経営情報学部教授ドラッカー研究会 谷崎 敏昭
「再発見! 新町の街歩きと味めぐり」
経営情報学部教授 教育研究センター兼担 新井 健司
「新町商工会との連携事業について」
経営情報学部准教授 教育研究センター兼担 植松 盛夫
「じょぶらじの活動報告とこれからの放送内容の方向性」
ラジオサークル「じょぶらじ」 島山 晃
「附属幼稚園の行事撮影」
コマーシャル研究会 河内宏文
「教育実習を経験して」
大学院経営管理研究科修士課程1年 加賀美 昌宏
「介護等経験を含む教育実習からの学びと新たな発見」
大学院経営管理研究科修士課程1年 芦野 大輔
「ボランティア活動を通じて得た事」
大学院経営管理研究科修士課程1年 アディカリ・ニランザン
「東日本大震災ボランティア活動の報告と学生の行動変容」
ボランティア同好会 菅原 美郷他
「絵手紙サークルの取組みについて」
絵手紙サークル 山本 早紀他

トップへ戻る