新着情報

ホーム > What's New

What's New

2011/3/1 第5回学内研究会を開催しました

2月28日(月)高崎キャンパスにおいて、教育および研究の質向上を目的とした学内研究会を開催しました。研究会は4部構成で行われ、第1部ではオーストラリア大使館より講師を迎え「オーストラリアの最新ビジネス・教育事情」と題し講演が行われました。第2部は教員による研究及び産官学連携についての発表、第3部では地域連携、第4部では修士、学士両課程の学生からの研究発表が行われ、参加者からの質問や意見などが活発に取り交わされました。

プログラム
第1部
講 演
■「オーストラリアの最新ビジネス・教育事情」
オーストラリア大使館 マーケティング事務所 商務官 市川 智子氏

第2部 
研究発表および産学官連携
■「片手運動と両手運動の違い」
ビジネス情報学部准教授 関口 浩文
■「いせさきもの作りネット」
経営情報学部准教授 樽井 勇之

第3部
地域連携
■「新町屑糸紡績所の歴史」
  新鐘会(鐘紡退職者の会)会長 よみがえれ!新町紡績所の会幹事 小林 修氏
■「きらりと輝く小さな街づくり」
  新町まちづくり塾塾長 金井 正敏氏

第4部
修士課程・学士課程修了者による研究発表
■「日本百貨店業界の中国進出についての研究
−中国百貨店業界の発展の可能性を探る」
  経営管理研究科修士課程 于 美娜
■「相続税法上の取引相場のない株式の評価方法に関する研究 
−財産評価基本通達の検討と新評価モデルの考察」
  経営管理研究科修士課程 福田 智恵美
■「包括利益に関する一考察」
  ビジネス情報学部学士課程 鎌田 隆弘
■「報道被害から見た現代メディアの考察」
  経営情報学部学士課程 田中 歩
■「メンタルヘルス不調で休業した労働者に対する職場復帰支援の検討 
〜働く意欲が持てる職場復帰支援〜」
  看護学部学士課程 高木 琴音

トップへ戻る