新着情報

ホーム > What's New

What's New

2019/12/25

【看護学部】
「卒業生と進路について語る会」が行われました

2019年12月23日(月)、看護学部の3年生を対象とした学内行事である「第10回 卒業生と進路について語る会」が開催されました。今回は全13施設(県内施設より9名・県外施設より4名)の説明が行われています。
「いろいろな職種を知る」というテーマのもと、看護師や養護教諭、保健師、助産師として活躍する卒業生が集まっており、実際の現場で活躍する卒業生の具体的な体験談を一方的に聞くのみではなく、対話を通じて情報を得られることから自分自身の進路を主体的に考えるきっかけとなっています。学生たちは皆熱心に耳を傾けており、たくさんの刺激を受けた様子でした。

参加した3年生からは「卒業した方も同じように悩み、不安だったと思うと少し安心した。どのような体験をしておくとよいのか、自分の中で分かっていたが、先輩方の話を聞いて改めて考えることができた。」「学生のうちにやっておいたほうがいいことや看護師として働いてからやっておくべきことなど今の時間を大切にすることが重要であるとわかった。また病院の特徴や体制などわかる範囲で説明してくれたためどのような病院なのか知ることができた。就職するうえで職種について理解でき病院選びの参考になった。」などの声が寄せられました。
トップへ戻る