新着情報

ホーム > What's New

What's New

2019/10/18 「留学生日本語スピーチ大会」で本学の留学生が、
最優秀賞・優秀賞・審査員特別賞を受賞しました。

10月14日(月・祝)、本学で開催された「留学生日本語スピーチ大会」で本学の留学生が、最優秀賞・優秀賞・審査員特別賞を受賞しました。

群馬県留学生交流推進協議会の主催で毎年開催されている本大会は、今年度、群馬県内の6つの大学・高等専門学校から12名の留学生を集め、上武大学を会場として開催されました。大会全体のスピーチテーマは「日本に留学して、感じたこと、学んだこと」です。12名の参加者がテーマに沿った自身の経験を、思い思いに日本語でスピーチしました。

本学からは、国際ビジネス学科に通う5名の留学生が参加しました。なかでも、トン ティエン フォン君(国際ビジネス学科2年生)は、「ありがとう日本」というテーマで自身の経験を流暢に語り、最優秀賞を受賞しました。他の参加者も負けず劣らず、日本語で生き生きとスピーチを行っていた姿が印象的な大会となりました。

ご出場をいただいた留学生の皆様、大会運営にご協力をいただきました皆様、ご参観をいただきましたご来場者の皆様に心より御礼申し上げます。誠に、ありがとうございました。


〜大会結果〜

【最優秀賞】
トン ティエン フォン(Tong Tien Phong)
スピーチテーマ:「ありがとう日本」

【優秀賞】
ミョ ミン アウン(Myo Min Aung) 
スピーチテーマ:「日本に留学して感じたこと(ミャンマーと日本の架け橋を目指して)」

【審査員特別賞】

ド ティ カン リン(Do Thi Khanh Linh)
スピーチテーマ:「好きな日本」

トップへ戻る