学文館医学生理学研究所

ホーム > 上武大学医学生理学研究所/研究・活動報告

研究・活動報告

2013/9/5

 

血管新生シグナルに関する共同研究論文の発表

 当研究所の澁谷正史所長は国内外の研究に共同研究者として参加し、以下のような共同研究欧文論文を発表しました。

(1) B.K. Ambati教授のグループ(米国、ケンタッキー大学): 「要約」網膜血管網の制御には可溶性VEGF受容体-1(sFlt-1)が重要な役割を果たしており、sFlt-1の異常な低下はVEGFの異常増加と病的血管新生を引き起こす。眼科領域における重要疾患のひとつ加齢黄斑変性症ではsFlt-1低下が原因の一部と考えられる。 論文名:Luo L, Uehara H, Zhang X, et al., Shibuya M, Grisanti S, Wilson DJ, Ambati J, Ambati BK. Photoreceptor avascular privilege is shielded by soluble VEGF receptor-1. Elife. 2013 Jun 18;2:e00324.

(2) G.Y. Koh教授のグループ(韓国、KAIST研究所):「要約」妊娠時における子宮血管網の制御を解析し、性ホルモン(Progesterone)がVEGFの発現を誘導して血管新生に導くことを組織学的レベルで明らかにした。 論文名:Kim M, Ju Park H, Seol JW, et al., Shibuya M, Ferrara N, Sung HK, Nagy A, Alitalo K, Koh GY. VEGF-A regulated by progesterone governs uterine angiogenesis and vascular remodeling during pregnancy. EMBO Mol Med. 5:1415-30, 2013.

(3) 馬嶋正隆教授のグループ(北里大学):「要約」肝障害の回復にはロイコトリエンB4によるマクロファージの動員が重要であること、また、胃潰瘍の修復に対するアスピリンの遅延作用はCXCR4-VEGFR1陽性細胞の動員抑制を介していることを明らかにした。
論文名(3編):(i) Ohkubo H, Ito Y, Minamino T, Mishima T, Hirata M, Hosono K, Shibuya M, Yokomizo T, Shimizu T, Watanabe M, Majima M. Leukotriene B4 type-1 receptor signaling promotes liver repair after hepatic ischemia/reperfusion injury through the enhancement of macrophage recruitment. FASEB J. 27:3132-43, 2013.
(ii) Sato T, Amano H, Ito Y, Eshima K, Minamino T, Ae T, Katada C, Ohno T, Hosono K, Suzuki T, Shibuya M, Koizumi W, Majima M. NSAID, aspirin delays gastric ulcer healing with reduced accumulation of CXCR4+VEGFR1+ cells to the ulcer granulation tissues. Biomed Pharmacother. 2013 Jun 7. [Epub ahead of print]
(iii) Sato T, et al., Shibuya M, Koizumi W, Majima M. Vascular endothelial growth factor receptor 1 signaling facilitates gastric ulcer healing and angiogenesis through the upregulation of epidermal growth factor expression on VEGFR1+CXCR4 + cells recruited from bone marrow. J Gastroenterol. 2013 Aug 24. [Epub ahead of print]

(4) 中村義一教授のグループ(東京大学):「要約」ヒトVEGFR1のリガンド結合には影響を与えずシグナル伝達活性を阻害するRNAアプタマーを初めて単離した。 論文名:Ohuchi SP, Shibuya M, Nakamura Y. The RNA Aptamer Inhibiting Human Vesicular Endothelial Growth Factor Receptor 1 without Affecting the Cytokine Binding. Biochemistry. 52:2274-9, 2013.

(5) 赤松 穣 博士のグループ(微生物化学研究所):「要約」ストレプトミセス属細菌の培養上清中に見出された化合物VegfrecineはVEGF受容体チロシンキナーゼ阻害作用をもつことを明らかにした。 論文名:Nosaka C, Adachi H, et al., Shibuya M, Nishimura Y, Akamatsu Y. Vegfrecine, an inhibitor of VEGF receptor tyrosine kinases isolated from the culture broth of Streptomyces sp. J Nat Prod. 76:715-9, 2013.

(6) Y. Cao教授のグループ(スエーデン、カロリンスカ研究所):「要約」がん細胞由来のタンパクPlGFは、抗VEGF薬剤の抗腫瘍効果と抗血管新生効果を促進させる。
論文名:Hedlund EM, Yang X, Zhang Y, Yang Y, Shibuya M, Zhong W, Sun B, Liu Y, Hosaka K, Cao Y. Tumor-derived PlGF sensitizes antiangiogenic and anti-tumor effects of anti-VEGF drugs. Proc Natl Acad Sci U S A. 110:654-659, 2013.

(7) T. Meert 博士のグループ(ベルギー、ジャンセン研究所):「要約」VEGFとVEGF活性をもつペプチドは末梢神経疾患の治療薬として有用である。
論文名:Verheyen A, Peeraer E, Lambrechts D, Poesen K, Carmeliet P, Shibuya M, Pintelon I, Timmermans JP, Nuydens R, Meert T. Therapeutic potential of VEGF and VEGF - derived peptide in peripheral neuropathies. Neuroscience. 244:77-89, 2013.

トップへ戻る