看護学科

ホーム > 学部・学科 > 看護学部/看護学科 > 教員紹介

看護学科 教員紹介

最終学歴・学位等
最終学歴:大分医科大学(現・大分大学医学部)大学院医学研究科
学位:博士(医学)
免許:医師免許
資格:保険医
日本癌学会(1986年5月〜現在に至る
日本血管生物医学会(2005年6月〜現在に至る)
日本炎症・再生医学会(2005年6月〜現在に至る)
日本癌学会評議員(2007年1月〜2015年12月
日本血管生物医学会評議員(2007年11月〜現在に至る)
大分心血管研究会アドバイザー(2008年9月〜現在に至る)
主な職歴
平成2(1990)年4月〜同4(1992)年12月
ニューヨーク大学医学部細胞生物学教室ポストドクトラルフェロー
平成5(1993)年1月〜同5月
大分労働衛生管理センター(健診業務担当の医師)
平成5(1993)年6月〜同7(1995)年5月
天心堂へつぎ病院(内科勤務医)
平成7(1995)年6月〜同17(2005)年3月
東北大学加齢医学研究所腫瘍循環研究分野(助手:現・助教)
平成17(2005)年4月〜同22(2010)年3月
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科ナノメディスン(DNP)講座(特任教授)
平成22(2010)年4月〜現在に至る
上武大学看護学部医学領域(教授)
平成22(2010)年6月〜現在に至る
大分大学医学部非常勤講師
平成23(2011)年4月〜平成27(2015)年3月
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科非常勤講師
担当授業科目

[看護学部]

人体の構造と機能I(1年前期)

人体の構造と機能U(1年後期)
病理学(1年後期)
疾病論I(1年後期)
疾病論V(2年前期)
疾病論V(2年後期)
人体の構造と機能演習(2年前期)
看護研究(4年通年)

[ビジネス情報学部]
内科学T(柔道整復師コース)
内科学U(柔道整復師コース)

専門・研究領域
(専門・研究領域)
専門:医学・医療
研究領域:血管生物学・再生医学
主な著作・論文
英語査読付き原著(著者責任著者):
1. M.Komaki, T.Karakida, M.Abe, et al. Twist negatively regulates osteoblastic differentiation in human periodondal ligament cells. Journal of Cellular Biochemistry, 100(2): 303-314, 2006.
2. T.Suzuki, M.Abe, H.Miyashita, T.Kobayashi, Y.Sato. Puromycin insensitive leucyl-specific aminopeptidase (PILSAP) affects RhoA activation in endothelial cells. Journal of Cellular Physiology, 211(3): 708-715, 2007.
3. W.Techawattanawisal, K.Nakahama, M.Abe, et al. Isolation of multipotent stem cells from adult rat periodontal ligament by neurosphere-forming culture system. Biochem Biophys Res Commun, 357(4): 917-923, 2007.
4. N.Mukai, A. Akahori, M.Abe, et al. A comparison of tube forming potential in early and late endothelial progenitor cells. Exp. Cell Res. 314(3):430-440, 2008.
5. Nishida Y, Shibata K, Yamasaki M, Sato Y, Abe.M.. A possible role of vimentin on the cell surface for the activation of latent transforming growth factor-?. FEBS Letter, 583(2):308-312, 2009.
6. LP. Lefter, S.Dima, M.Abe, et al. Transcriptional silencing of ETS-1 efficiently suppresses angiogenesis of pancreatic cancer. Cancer Gene Therapy, 16(2):137-148, 2009.
7. T.Akahori, A.Kobayashi, M.Abe, et al. Implantation of capillary structure engineered by optical lithography improves hindlimb ischemia in mice. Tissue Engineering, Part A, 16(3): 953-959. 2010.
8. T.Yoshida, Y. Sato, I.Morita, M.Abe. Pigpen, a nuclear coiled body component protein, is involved in angiogenesis. Cancer Science, 101(5): 1170-1176, 2010.
9. T.Yoshida, M.Komaki, M.Abe, et al. Therapeutic Angiogenesis by Implantation of a Capillary Structure Constituted of Human Adipose Tissue Microvascular Endothelial Cells. Arterioscle. Thromb. Vasc. Biol, 30: 1300-1306, 2010.
10. A. Taki, M.Abe, K. Oku, S. Iseki, S.Mizutani, I. Morita. Expression of angiogenesis-related factors and inflammatory cytokines in placenta and umbilical vessels in pregnancies with preeclampsia and chorioamnionitis/funisitis. Congenital anomalies. 52(2): 97-103, 2012.
もっと見る

11. T.Saikawa, M.Abe, M.Nakagawa, et al. The complete cancellation of abnormal Q waves due to an old antero-septal infarction follwoing subsequent acute posterior myocardial infarction. Japanese Heart Journal 28: 805-810, 1987.
12. M.Abe, I.Morita, and S.Murota. A new in vitro method using Fura-2 for the quantitation of endothelial cell injury. Prostaglandins Leukotrienes and essential fatty acids 34: 69-74, 1988.
13. M.Abe, J.Ono, Y.Sato, T.Okeda, and R.Takaki. Effects of glucose and insulin on cultured human microvascular endothelial cells. Diabetes Research and Clinical Practice 9: 287-295, 1990.
14. Y.Sato, M.Abe , and R.Takaki. Platelet factor 4 blocks the binding of basic fibroblast growth factor to the receptor and inhibits the spontaneous migration of vascular endothelial cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 172: 595-600, 1990.
15. R.Flaumenhaft, M.Abe, P.Mignatti, and D.B.Rifkin. Basic fibroblast growth factor-induced activation of latent transforming growth factor β in endothelial cells. J. Cell Biol. 118: 901-909, 1992.
16. R.Flaumenhaft, M.Abe, Y.Sato, et al. Role of the latent TGF-β binding protein in the activation of latent TGF-β by co-culture of endothelial and smooth muscle cells. J. Cell Biol. 120: 995-1002, 1993.
17. Y.Sato, F.Okada, M.Abe, et al. The mechanism for the activation of latent TGF-β during co-culture of endothelial cells and smooth muscle cells. J. Cell Biol. 123: 1249-1254, 1993.
18. M.Abe, J.G.Harpel, C.N.Metz, I.Nunes, D.J.Loskutoff, D.B.Rifkin. An assay for transforming growth factor-β using cells transfect-ed with a plasminogen activator inhibitor-1 promoter-luciferase construct. Analytical Biochemistry 216: 276-284, 1994.
19. H.Abe, M.Abe, K.Tanaka, C.Iwasaka, Y.Sato. Simultaneous bindings of uPA and latent TGF-β for the activation of latent TGF-β in homotypic smooth muscle cells. Tohoku. J. Exp. Med. 179: 23-34, 1996.
20. C.Iwasaka, K.Tanaka, M.Abe, Y.Sato. Ets-1 regulates angiogenesis by inducing the expression of urokinase-type plasminogen activator and matriz metalloproteinase-1 and the migration of vascular endothelial cells. J. Cell. Physiol. 169: 522-531, 1996.
21. M.Abe, N.Oda, Y.Sato. Cell-associated activation of latent TGF-β by calpain. J. Cell. Physiol. 174: 186-193, 1998.
22. H.Takahashi, M.Abe, T.Sugawara, et al. Clotrimazole, an imidazole antimycotic, is a potent inhibitor of angiogenesis. Jpn. J. Cancer Res. 89: 445-451, 1998.
23. K.Tanaka, N.Oda, C.Iwasaka, M.Abe, Y.Sato. Induction of Ets-1 in endothelial cells during reendothelialization after denuding injury. J. Cell. Physiol. 176: 235-244, 1998.
24. N.Oda, M.Abe, Y.Sato. Ets-1 converts endothelial cells to the angiogenic phenotype by inducing the expression of matrix metalloproteinases and integrin β3. J. Cell. Physiol. 178: 121-132, 1999.
25. O.Okamoto, S.Fujiwara, M.Abe, Y.Sato. Dermatopontin interacts with transforming growth factorβ and enhances its biological activity. Biochem J. 337: 537-541, 1999.
26. K.Tanaka, M.Abe, Y.Sato. Role of extracellular signal-regulated kinase 1/2 and p38 mitogen-activated protein kinase in the signal transduction of basic fibroblast growth factor in endothelial cells during angiogenesis. Jpn. J. Cancer Res. 90: 647-654, 1999.
27. S.Kanno, N.Oda, M.Abe, et al. Establishment of a simple and practical procedure applicable to therapeutic angiogenesis. Circulation 99: 2682-2687, 1999.
28. H.Yamamoto, N.Atsuchi, H.Tanaka, Wataru Ogawa, M.Abe, A.Takeshita , et al. Separate roles for H-Ras and Rac in signaling by transforming growth factor (TGF)-β. Eur. J. Biochem. 264: 110-119, 1999.
29. K.Namba, M.Abe, S.Saito, et al. Indispensable role of the transcription factor PEBP2/CBF in angiogenic activity of a murine endothelial cell MSS31. Oncogene 19: 106-114, 2000.
30. S.Kanno, N.Oda, M.Abe, et al. Roles of two VEGF receptor, Flt-1 and KDR, in the signal transduction of VEGF effects in human vascular endothelial cells. Oncogene, 19(17): 2138-2146, 2000.
31. M.Tanaka, K.Narumi, M.Isemura, M.Abe, et al. Expression of the 37-kDa laminin binding protein in murine lung tumor cell correlates with tumor angiogenesis. Cancer Letters, 153: 161-168, 2000.
32. T.Nakano, M.Abe, K.Tanaka, et al. Angiogenesis inhibition by transdominant mutant Ets-1. J. Cell. Physiol., 184(2): 255-262, 2000.
33. C.Iwasaka-Yagi, M.Abe, Y.Sato. TGF-β attenuates the transactivation activity of Ets-1 despite its induction via the inhibition of DNA binding. Tohoku J. Exp. Med., 193: 311-318, 2001.
34. R.Yashima, M.Abe, K.Tanaka, et al. Heterogenity of the signal transduction pathways for VEGF-induced MAPKs activation in human vascular endothelial cells. J. Cell. Physiol., 188: 201-210, 2001.
35. K.Teruyama, M.Abe, T.Nakano, et al. Role of Transcription factor Ets-1 in the apoptosis of human vascular endothelial cells. J. Cell. Physiol., 188: 243-252, 2001.
36. K.Teruyama, M.Abe, T.Nakano, et al. Neurophilin-1 is a downstream target of transcription factor Ets-1 in human umbilical vein endothelial cells. FEBS Letters, 504: 1-4, 2001.
37. T.Igarashi, M.Abe, M.Oikawa, T.Nukiwa, Y.Sato. Retinoic scids repress the expression of ETS-1 in endothelial cells. Tohoku J. Exp. Med., 194 : 35-43, 2001.
38. M.Oikawa, M.Abe, H.Kurosawa, W.Hida, K.Shirato, Y.Sato. Hypoxia induces transcription factor ETS-1 via the activity of Hypoxia-inducible factor-1. Biochem Biophys Res Commun., 289(1): 39-43, 2001.
39. Y.Terai, M.Abe, K.Miyamoto, et al. Vascular smooth muscle cell growth-promoting factor/F-spondin inhibits angiogenesis via the blockade of integrin avb3 on vascular endothelial cells. J. Cell. Physiol., 188: 394-402, 2001.
40. M.Abe and Y.Sato. cDNA microarray analysis of the gene expression profile of VEGF-activated human umbilical vein endothelial cells. Angiogenesis, 4: 289-298, 2001.
41. M.Abe, D.Inoue, K.Matsunaga, et al. Goniodomin A, an antifungal polyether macrolide, exhibits antiangiogenic activities via inhibition of actin reorganization in endothelial cells. J. Cell. Physiol., 190: 109-116, 2002.
42. M.Abe, N.Oda, K.Shibata, M.Yamasaki, Y.Sato. Augmented binding and activation of latent transforming growth factor-? by a tryptic fragment of latency associated peptide. Endothelium, 9: 25-36, 2002.
43. T.Akada, T.Yamazaki, H.Miyashita, O.Niizeki, M.Abe, et al. Puromycin Insensitive Leucyl-Specific Aminopeptidase (PILSAP) Is Involved in the Activation of Endothelial Integrins. J. Cell. Physiol., 193: 253-262, 2002.
44. T.Nakagawa, M.Abe, T.Yamazaki, et al. HEX Acts as a Negative Regulator of Angiogenesis by Modulating the Expression of Angiogenesis-Related Gene in Endothelial Cells In Vitro. Arterioscle. Thromb. Vasc. Biol., 23: 231-237, 2003.
45. H.Miyashita, M.Kanemura, T.Yamazaki, M.Abe, Y.Sato. Vascular Endothelial Zinc Finger 1 is involved in the regulation of angiogenesis: Possible contribution of stathmin/OP18 as a downstream target gene. Arterioscle. Thromb. Vasc. Biol., 24: 878-884, 2004.
46. Y.Hasegawa, M.Abe, T.Yamazaki, et al. Transcriptional regulation of human angiopoietin-2 by transcription facto Ets-1. BBRC, 315: 52-58, 2004.
47. O.Niizeki, H.Miyashita, M.Abe, et al. Transcriptional regulation of angiogenesis-related puromycin-insensitive leucyl-specific aminopeptidase in endothelial cells. Arch Biochem Biophys., 424: 63-71, 2004.
48. M.Iizuka, K.Shiiba, M.Abe, I.Sasaki, Y.Sato. Down syndrome candidate region 1,a downstream target of VEGF, participates in endothelial cell migration and angiogenesis. J Vasc Res., 41: 334-344, 2004.
49. K.Watanabe, Y.Hasegawa, M.Abe, et al. Vasohibin as an endothelium-derived negative feedback regulator of angiogenesis. J Clin Invest., 114:898-907, 2004.
50. M.Kanemura, M.Abe, M.Ueda, M.Ueki, A.Awaya, Y.Sato. MS-818 accelerates mobilization of endothelial progenitor cells and differentiation to endothelial cells. Endothelium, 11:221-230, 2004.
51. K.Shimizu, K.Watanabe, M.Abe, et al. Gene regulation of a novel angiogenesis inhibitor, vasohibin, in endothelial cells. Biochem Biophys Res Commun. 327(3):700-706, 2005.
52. Y-J. Cho, M.Abe, SY. Kim, Y. Sato. Raf-1 is a binding partner of DSCR1. Arch Biochem Biophys. 439(1):121-128, 2005.
53. T.Shibuya, K.Watanabe, M.Abe, et al. Isolation of vasohibin-2 as a sole homologue of VEGF-inducible endothelium-derived angiogenesis inhibitor vasohibin: a comparative study on their expressions. Arterioscle. Thromb. Vasc. Biol, 26(5):1051-1057, 2006.
54. T.Koizumi, M.Abe, T.Yamakuni, et al. Metronomic scheduling of a cyclic hexapeptide RA-VII for anti-angiogenesis, tumor vessel maturation, and anti-tumor activity. Cancer Science, 97(7):665-674, 2006.
55. M.Abe and Y.Sato. Puromycin insensitive leucyl-specific aminopeptidase (PILSAP) is required for the development of vascular as well as hematopoietic system in embryoid bodies. Genes to Cells, 11:719-729, 2006.
56. H.Yamashita, M.Abe, K.Watanabe, et al. Vasohibin prevents arterial neointimal formation through angiogenesis inhibition. Biochem Biophys Res Commun. 345(3):919-925, 2006.


日本語査読付き原著(著者責任著者):
1. 堀田正一、安部まゆみ、兼坂佳江、高木良三郎、国広潔、稲吉鉦三:ヒスタミンH2レセプター拮抗剤投与中に発症したSclerodermatomyositisの一例,九州リウマチ 6: 219-223, 1987.
2. 安部まゆみ、丸尾匡広、小野順子、高木良三郎、柴田興彦、内田雄三: ヒト大網由来細小血管内皮細胞の培養におよぼすブドウ糖ならびにインスリンの影響.日本臨床代謝学会記録 26: 110-111, 1989.
3. 安部まゆみ、佐藤靖史、小野順子、室田誠逸、高木良三郎:ヒト大網由来細小血管内皮細胞の培養,糖尿病 32: 641-647, 1989.
4. 佐藤靖史、岩坂知佳、田中克宏、安部まゆみ、坂田利家: Ginsenoside-Ro, Ginsenoside-Rg1, Ginsenoside-Rb1の血管新生抑制のメカニズムに関する研究.The GINSENG REVIEW, 25: 19-21,1998.

英語総説(著者責任著者):
1. D.B.Rifkin, S.Kojima, M.Abe, J.G.Harpel. TGF-β: structure, function, and formation. Thrombosis and Haematostasis 70: 177-179, 1993.
2. Flaumenhaft R, Kojima S, Abe M, Rifkin DB. Activation of latent transforming growth factor beta. Adv Pharmacol., 24:51-76, 1993.
3. Y.Sato, C.Iwasaka, M.Abe, et al. Regulation of angiogenesis.   Development of antimetastatic & antiangiogenic drugs, 148-158,1997.
4. Y.Sato, S.Kanno, M.Abe, et al. Properties of two VEGF receptors, Flt-1 and KDR, in signal transduction. Ann. N. Y. Acad. Sci, 902:201-207, 2000.
5. Y.Sato, M.Abe, K.Tanaka, et al. Signal transduction and transcriptional regulation of angiogenesis. Adv Exp Med Biol., 476:109-115, 2000.
6. Y.Sato, K.Teruyama, T.Nakano, N.Oda, M.Abe, K.Tanaka, and C.Iwasaka-Yagi. Role of transcription factors in angiogenesis: Ets-1 promotes angiogenesis as well as endothelial apoptosis. Ann. N. Y. Acad. Sci, 847: 117-123, 2001

日本語総説(著者責任著者):
1. 安部まゆみ,佐藤靖史:血管新生(Angiogenesis)と脈管形成(Vasculogenesis)の分子基盤,動脈硬化形成のメカニズムと新しい治療,山田信博企画,Mebio, 25(10):32-43, 2008.
2. 安部まゆみ,佐藤靖史:血管内皮の修復と血管新生,血管内皮研究の新展開,分子心血管病,10(4):365-372,2009.
3. 安部まゆみ:血管内皮前駆細胞と血管新生,特集I血管新生,炎症と免疫17(6):629-637,2009.
4. 安部まゆみ,森田育男:血管新生因子,関節リウマチ―寛解を目指す治療の新時代―(第2版),日本臨床,68巻増刊号5:183-188, 2010.
5. 安部まゆみ:血管新生の分子機構,特集慢性炎症の病態を理解する,JOHNS,東京医学社:1705-1711,2011.
もっと見る

6. 安部まゆみ,佐藤靖史: 内皮細胞の機能とTGF-β,治療学 27: 1278-1282, 1993.
7. 安部まゆみ:TGF-βと血管新生,炎症と免疫 14(4): 27-32, 1996.
8. 佐藤靖史,岩坂知佳,安部まゆみ:血管新生の分子機構,心臓 29(6): 531-541, 1997.
9. 岩坂知佳、田中克宏、安部まゆみ、佐藤靖史:血管新生と転写因子ETS-1,脈管学 37(8): 433-437, 1997.
10. 安部まゆみ,佐藤靖史:血管形成・新生―最近の動向―,実験医学増刊16(5) <血管の分子生物学>: 16-22, 1998.
11. 小田伸行,安部まゆみ,佐藤靖史: 血管新生と転写因子ETS-1, 細胞科学 9: 11-18, 1998.
12. 安部まゆみ,佐藤靖史:腫瘍と血管新生,血液・腫瘍科 36(4): 318-324, 1998.
13. 高橋博人,佐川元保,安部まゆみ,他:抗血管新生作用を持つ薬剤の現状,呼吸 19(9):912-920, 2000.
14. 安部まゆみ,佐藤靖史:II 血管の発生と構築,ES細胞を使った臓器再生,Cardiovascular Med-Sug, 2 (4):10-15, 2000.
15. 安部まゆみ,佐藤靖史:血液・血管共通転写因子,血管医学 2(5): 23(443)-30(450), 2001.
16. 安部まゆみ,佐藤靖史:血管新生にかかわる転写因子,炎症と免疫 10(6): 57(659)-65(667), 2002.
17. 安部まゆみ,佐藤靖史:血管の新生と再生におけるVEGFの役割,日本炎症・再生医学会雑誌, 22(3):169-177, 2002.
18. 渡辺和秀,安部まゆみ,山下洋,志水一江、佐藤靖史:血管新生のネガティブフィードバック調節,Molecular Medicine, 42(6):655-660, 2005.
19. 安部まゆみ,佐藤靖史:血管新生のネガティブフィードバック調節因子-vasohibin-,実験医学 23(16): 2431-2436, 2005.
20. 安部まゆみ,佐藤靖史:血管新生・再生の分子基盤,循環器科, 59(Suppl.3):49-59, 2006.
21. 安部まゆみ,佐藤靖史:血管新生のメカニズム,特集/発生学からみた循環器疾患の病態と治療、栗原裕基編,循環器科, 60(5):438-448, 2006.


英語著書(著者責任著者):
1. D.B.Rifkin, R.Flaumenhaft, S.Kojima, P.Dennis, M.Abe, L.Odekon. Cell surface activation of latent transforming growth factor-β, C. Lenfant, R. Paoletti, A. Albertini(eds): Growth Factors of the Vascular and Nervous Systems. 34-37, 1992, Basel, Karger.
2. R.Flaumenhaft, S.Kojima, M.Abe, and D.B.Rifkin. Activation of latent transforming growth factor-β. Advances in Pharmacology 24: 51-76, 1993, Academic Press.

日本語著書(著者責任著者):
1. 安部まゆみ,佐藤靖史:TIE,血管生物学用語ハンドブック,丸山征郎・川上正舒・堀内正公、山田信博・佐藤靖史編,p115,1999,メディカルレビュー社.
2. 安部まゆみ,佐藤靖史:TGF-β受容体,血管生物学用語ハンドブック,丸山征郎・川上正舒・堀内正公、山田信博・佐藤靖史編,p117,1999,メディカルレビュー社.
3. 安部まゆみ:5.内皮細胞の特性2)プロテアーゼ,血管新生研究の新展開, 佐藤靖史・室田誠逸編,83-90,2000,医薬ジャーナル社.
4. 安部まゆみ,佐藤靖史:第4章遺伝子治療と再生医学,11.血管再生,生活習慣病と遺伝子疾患,堀内正嗣・福田恵一・森下竜一編,443-450,2001,メディカルレビュー社.
5. 安部まゆみ,佐藤靖史:第4章脈管形成と血管新生にかかわる転写因子,わかる実験医学シリーズ,基礎から臨床応用までの血管研究がわかる,高倉伸幸編,53-62,2004,羊土社.
6. 安部まゆみ:血管新生関連阻害剤,阻害剤ハンドブック,秋山徹・河府和義編,331-351,2006,羊土社.
7. 安部まゆみ:血管新生研究,細胞・培地活用ハンドブック,秋山徹・河府和義編,316-327,2008,羊土社.
8. 安部まゆみ,佐藤靖史:第1章血管の発生(vasculogenesis)と新生(angiogenesis) ,血管の再生―血管再生医学の夜明け:近づく実用化―、森下竜一編、p20-32、2008、真興交易(株)医書出版部.
9. 安部まゆみ,血管新生実験法(in vitro),血管生物医学事典,朝倉書店:192-193,2011.
10. 安部まゆみ,血管新生実験法(in vivo),血管生物医学事典,朝倉書店:194-195,2011.
もっと見る

11. 安部まゆみ:ヒト大網細小血管内皮細胞の培養法,現代化学増刊16<血管内皮細胞の培養法とその応用>室田誠逸編,p166-168、1989、東京化学同人.
12. 安部まゆみ,佐藤靖史:ECM関連酵素,血管新生のメカニズムと疾患,室田誠逸・井藤英喜編,p117- 129、1996、医薬ジャーナル社.
13. 安部まゆみ,佐藤靖史:TGF-β,実験医学別冊,Bio Science用語ライブラリー<サイトカイン・増殖因子> 宮園浩平・菅村和夫編, 138-140,1998,羊土社.
14. 安部まゆみ,佐藤靖史:潜在型TGF-β,実験医学別冊、Bio Science用語ライブラリー<サイトカイン・増殖因子> 宮園浩平・菅村和夫編,p141-143、1998、羊土社.
15. 安部まゆみ,佐藤靖史:血管新生の調節因子ー促進因子と抑制因子,血管新生の最前線,そのメカニズムと病態・治療,佐藤靖史編,56-68,1999,羊土社.
16. 安部まゆみ,佐藤靖史:angiopoietin,血管生物学用語ハンドブック,丸山征郎・川上正舒・堀内正公・山田信博・佐藤靖史編,p38、1999,メディカルレビュー社.
17. 安部まゆみ、佐藤靖史:TGF-β,血管生物学用語ハンドブック,丸山征郎・川上正舒・堀内正公・山田信博・佐藤靖史編,p59,1999,メディカルレビュー社.


ページトップへ戻る
最終学歴・学位等
最終学歴:北里大学大学院修士課程修了 
学位:修士(保健科学)
免許:看護師免許

看護技術学会

    ぐんまカウンセリング学会

主な職歴

昭和51(1976)年4月〜平成9(1997)年3月 

北里大学病院
平成13(2001)年4月〜平成18(2006)年3月 

武蔵野短期大学
平成18(2006)年4月〜平成23(2011)年3月 

足利短期大学
平成23(2011)年〜現在に至る
上武大学看護学部(教授)

担当授業科目

看護とコミュニケーション(1年前期)
基礎看護学援助論V(2年前期)
基礎看護学援助論U(1年後期)
基礎看護学方法論U(2年後期)
基礎看護学実習T(1年後期)
基礎看護学実習U(2年後期)

専門・研究領域
専門:基礎看護学
研究領域:看護技術、看護実践能力
主な著作・論文

著者責任著者

論文

1.及川秀子、高橋衣他,臨地実習における看護学生の意欲に関する考察,足利短期大学研究紀要,第27巻,67−74,2007.
2.及川秀子、赤石美佐代、福士公代,成人看護学実習における看護技術の経験状況,足利短期大学研究紀要第29巻,29−30,2009.
3.及川秀子、赤石美佐代、粕谷恵美子、福士公代,成人看護学実習前の看護技術の自己評価,足利短期大学研究紀要,第30巻,35−39,2010.


ページトップへ戻る
最終学歴・学位等
最終学歴:新潟大学大学院医歯学総合研究科
学位:博士(医学)
免許:看護師免許

日本看護学会
日本看護科学学会  
日本看護学教育学会  
日本看護診断学会  
日本看護技術学会

主な職歴
昭和46(1971)年 4月〜昭和50(1970)年3月
長岡赤十字病院(看護師)
昭和51(1971)年 4月〜昭和54(1979)年7月
癌研究会高等看護学院(専任教員)
昭和55(1980)年 1月〜昭和57(1982)年3月
聖路加国際病院(看護師)
昭和58(1983)年 1月〜平成11(1999)年9月
新潟大学医療技術短期大学部看護学科(助手(現助教))
平成11(1999)年10月〜平成17(2005)年3月
新潟大学医学部保健学科看護学専攻(助手(現助教))
平成17(2005)年 4月〜平成21(2009)年3月
山形県立保健医療大学保健医療学部看護学科(准教授)
平成19(2007)年 4月〜平成21(2009)年3月
山形県立保健医療大学大学院保健医療学研究科(科目担当教員)
平成23(2011)年 4月〜平成25(2013)年3月

人間総合科学大学保健学部看護学科(教授)
平成25(2013)年 4月〜平成27(2015)年3月
群馬医療福祉大学看護学部(教授)
平成27年4月〜現在に至る
上武大学看護学部(教授)

担当授業科目

診療関連技術(1年前期)
看護共通技術(1年前期)  
ヘルスアセスメント(1年後期)  
看護過程論(1年後期)   
看護研究(4年通年)

専門・研究領域
専門:基礎看護学
研究領域:看護技術、看護診断、看護理論
主な著作・論文
査読付き論文(著者責任著者):
1.池田由紀子,上杉雅子,鳥谷部真一,吉村秀太郎,倉島幸子,赤澤宏平:心臓カテーテル検査における 仙骨部圧迫予防効果の検討−透視台マットの改良−,看護技術,51(2),159−162, 2005.
2.T. Abe、S. Toyabe,、P.Cao、S. Kurashima、K. Akazawa:Development of a simulation program for estimating hospital incomes under the prospective payment system,Computer Methods and Programs in Biomedicine 80: 271-276,2005.
3. S.Toyabe、P.Cao、S.Kurashima. et al.:Actual and estimated costs of disposable materials used during surgical procedures,Health Policy,73,52−57,2005.
4.P. Cao、S. Toyabe、S. Kurashima,、M .Okada、K. Akazawa:A modified method of activity based costing for objectively reducing cost drivers in hospitals,Methods of Information in Medicine ,45(4), 462-469,2006.
5.倉島幸子:臨床看護師の看護診断における仮説検証過程−診断指標と関連因子の分析を通して 看護診断,11(1)5−17,2006.
6.倉島幸子:看護支援システムによる看護診断の有用性の検討,看護診断,12(1), 5−13,2007.
7.南雲美代子,倉島幸子:ベッドメーキングを通したボディメカニクスの授業方法の開発,第38回日本看護学会論文集−看護教育−,246−248,2007.  
8.S.Kurashima、S.Toyabe、K.Kobayashi、K.Akazawa:Accuracy and Efficiency of Computer-Aided Nursing Diagnosis,International Journal of Nursing Terminologies and Classifcations 19(3), 95-101,2008.
9.櫻井美和、平賀元美、福山なおみ、倉島幸子、石沢敦子、片野吉子、他6名:看護基礎教育課程における看護過程教育の課題―各専門看護学領域における看護過程教育の展開方法の分析による一考察−, 群馬医療福祉大学紀要,第2号,11−38,2014.
著書(著者責任著者):
1.藤原泰子、倉島幸子、大塚邦子他2名:急性期看護クイックガイド,脳血管障害患者の看護,80−93,1997.
2.メヂカルフレンド社編集部編、倉島幸子 他42名:実習に役立つ病態マップ,脳腫瘍、筋萎縮性側策硬化症,82−86,メヂカルフレンド社,1998.
3.鈴木淳子、小板橋喜久代、倉島幸子、山内敦子:応用看護技術ミニガイド,第Z章よい姿勢・歩行,150−163,学習研究社,1998.
4.三上れつ、小松万喜子編集、倉島幸子、他11名:演習・実習に役立つ基礎看護技術 第3版、排泄援助技術,53−77,ヌーヴェルヒロカワ,2010.
5.三上れつ,小松万喜子編集,倉島幸子,他9名:ヘルスアセスメント,神経系のアセスメント,160−174,南江堂,2010.

ページトップへ戻る
最終学歴・学位等
最終学歴:東京大学大学院医学研究科
学位:博士(医学)

日本香粧品学会(2007年7月〜現在に至る)
日本香粧品学会 プログラム委員会委員(2007年7月〜2012年6月)
日本香粧品学会 役員(評議員)(2008年6月〜現在に至る)
日本香粧品学会 事務局 常任メンバー(2012年3月〜2013年12月)
日本香粧品学会 大会運営委員会 副委員長(2012年8月〜現在に至る)
日本ペット愛護福祉推進協会、非常勤評議員および動物取扱業資格試験評価委員(2014年8月〜現在に至る)

主な職歴
昭和56(1981)年4月〜同58(1983)年9月
資生堂基礎科学研究所 安全性研究室 研究員
昭和58(1983)年10月〜同60(1985)年3月
東京大学医科学研究所 細胞遺伝学研究部 研究生
昭和60(1985)年4月〜平成2(1990)年9月
資生堂研究所 安達研究室 研究員
平成2(1990)年10月〜同3(1991)年9月
米国テキサスメディカルセンター ベイラー医科大学 細胞生物学科 客員研究員
平成3(1991)年10月〜同7(1995)年8月
資生堂安達研究所、その後、資生堂ライフサイエンス研究所 主任研究員
平成7(1995)年8月〜同10(1998)年8月
米国マサチューセッツジェネラルホスピタル&ハーバード医科大学 皮膚科学研究所 シニアサイエンティスト
平成10(1998)年9月〜同14(2002)年8月
資生堂ライフサイエンス研究所 副主幹研究員
平成14(2002)年9月〜同17(2005)年3月

資生堂薬剤開発研究所 副主幹研究員
平成17(2005)年4月〜同21(2009)年3月
資生堂本社R & D企画部学術室、その後、研究所学術室 グループリーダー
平成21(2009)年4月〜同25(2013)年4月
資生堂スキンケア研究開発センター スキンケア情報開発室 参与
平成24 (2012) 年4月 〜 現在に至る
城西大学薬学部(非常勤講師)
平成25(2013)年5月〜現在に至る
上武大学看護学部(教授)
担当授業科目

[看護学部]

生命科学(1年前期)
微生物学(1年前期)
国際関係論(1〜4年前期)
公衆衛生学(2年前期)
臨床薬理学(2年後期)
疫学(2年後期)

国際看護論(3年後期)
看護研究(4年通年)

[ビジネス情報学部]
公衆衛生学T(2〜4年前期)             
公衆衛生学U(2〜4年後期)
生物学基礎(1〜4年後期)
化学基礎(1〜4年前期)

専門・研究領域
専門:医学・医療
研究領域:皮膚科学 (表皮、特に毛包皮脂腺系)・遺伝子工学の医療分野への応用、患者さんのQOL(生活の質)向上と社会参画を支援する活動、等に関する研究
主な著作・論文
日本語査読付き原著(著者責任著者):
1.飯田年以,麦倉茂,世喜利彦,藤原一彦,柴田道男,松元有羽子,天野 聡: 敏感肌特有の色に関連する肌悩みの実態. 香粧会誌 37(4), 263-267, 2013.

日本語査読無し原著(著者責任著者):
1.安達健二、世喜利彦、出田立郎、渡辺秀義、久岡久江:分子生物学の原理と手技、 ハムスター男性ホルモン依存性遺伝子の研究. 日皮会誌 101(13), 1679-1680, 1991.

英語査読付き原著(著者責任著者):
1. Koyama,Y., Endo,S., Seki,T., Sato,N., and Shiokawa,Y. Antigenic structure of adenylate kinase from porcine skeletal muscle-II. Immunological cross-reactivity of fragments from adenylate kinase. Mol. Immunolgy, 20: 851-856, 1983.
2. Kato,S., Seki,T, Katsumura,Y., Kobayashi,T., Komatsu.K., and Fukushima, S. Mechanism for 6-methylcoumarin photoallergenicity. Toxicol. and Applied Pharmacology, 81: 295-301, 1985.
3. Seki,T., Fujii,G., Mori,S., Tamaoki,N., and Shibuya,M.  Amplification Pharmacology of c-yes-1 proto-oncogene in a primary human gastric cancer. Jpn. J. Cancer Res. 76: 907-910, 1985.
4. Seki,T., Ideta,R., Shibuya,M., and Adachi,K. Isolation and characterization of cDNA for an androgen-regulated mRNA in the flank organ of hamsters. J. Invest. Dermatol. 96: 926-931, 1991.
5. Hisaoka,H., Ideta,R., Seki,T., and Adachi,K. Androgen regulation of a specific gene in hamster flank organs. Arch. Derm. Res. 283: 269-273, 1991.
6. Ideta,R., Seki,T., and Adachi,K. Sequence analysis and characterization of FAR-17c, an androgen-dependent gene in the flank organs of hamsters. J .Derm. Sci., 9: 94-102, 1995.
7. Aoki,H., Seki,T., Sawada J., Handa,H., and Adachi,K. The promoter of the androgen dependent gene in the flank organ of hamsters. J. Derm. Sci., 15: 36-43, 1997.
8. Ideta,R., Seki,T., Adachi,K., and Nakayama, Y. The Isolation and Characterization of Androgen-Dependent Genes in the Flank Organs of Golden Syrian Hamsters. Dermatology, 196: 47-50, 1998.
9. Rothnagel,J.A., Seki,T., Ogo,M., Wojcik,S.M., Bickenbach,J.R., and Roop,D.R., et al. The mouse keratin 6 isoforms are differentially expressed in the hair follicle, footpad, tongue and activated epidermis. Differentiation, 65: 119-130, 1999.
10. Wojcik,S.M., Imakado,S., Seki,T., Bickenback,J.B., Rothnagel,J.A., and Roop,D.R. , et al. Expression of MK6a dominant-negative and C-terminal mutant transgenes in mice has distinct phenotypic consequences in the epidermis and hair follicle. Differentiation, 65: 97-112, 1999. Differentiation, 65: 97-112, 1999.
11.Santini,M.A., Taola,C., Seki,T., Bolgan,L., and Dotto,G.P. Cross talk among calcineurin, Sp1/Sp3, and FAT in control of p21WAF1/Cip1 expression in keratinocyte differentiation. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 98: 9575-9580, 2001.

英語総説(著者責任著者):

1. Seki,T., Yajima,I., Nakayama,Y., Yabu,T., Ooguri,M., and Nakanishi,J., et. al. Examining an exfolliation-promoting enzyme for cosmetic applications. Cosmetics & Toiletries, 120: 87-96, 2005.
2. Uno,H., Itami,S., Inui,S., Pan,H.-J., Chang, E., Takayasu,S., Ye,F., Imamura,K., Seki,T., Ideta,R., Aoki,H., Adachi,K., Price,V., Imamura,K., Kurata,S, Collins,L., Heinlein,C.A., Chang,C. Adrogens and androgen receptor in Dermatology. in Androgens and Adrogen Receptor. Mechanisms, Functions, and Clinical Applications. p411-476. edited by Chang, C. Kluwer Academic Publications, 2002.
3.Seki,T., Rothnagel,J.A.,Bundman,D.S., Roop, D.R. and Adachi,K. Characterization of FAR-17a, androgen regulated gene expression in sebaceous glands. in Hair Research for the Next Millenium, P 371-374, edited by Van Neste,D.J.J. and Randall,V.A., ELSEVIER, 1996.

日本語総説(著者責任著者):
1.世喜利彦:角層剥離を促す酵素と化粧品への応用. FRAGRANCE JOURNAL, 32(9), 38-46, 2004.

日本語著書(著者、責任著者):

1.世喜利彦:香粧品の規制緩和と全成分表示、皮膚科の臨床10月臨時増刊号「皮膚科医のための香粧品入門」皮膚科の臨床編集委員会編, p1558-1570(p30-42), 56 (11), 2014, 金原出版株式会社

ページトップへ戻る
最終学歴・学位等
最終学歴:聖徳大学大学院修士課程 児童学研究科児童発達学専攻 
学位:修士(児童学)
免許:看護師免許

日本公衆衛生学会
日本看護学教育学会
日本看護研究学会
日本看護科学学会
ぐんまカウンセリング研究会

主な職歴
昭和58(1983)年4月〜昭和60(1985)年11月
伊勢崎市民病院看護師
平成1(1989)年4月〜平成13(2001)年3月
前橋市役所予防課 非常勤看護師
平成13(2001)年4月〜平成16(2004)年3月
群馬パース看護短期大学看護学科助手 
平成16(2004)年4月〜平成17(2005)年3月
群馬パース学園短期大学看護学科講師
平成17(2005)年4月〜平成18(2006)年3月
群馬パース大学保健科学部看護学科講師
平成18(2006)年4月〜平成21(2009)年3月
高崎健康福祉大学看護学部看護学科講師
平成21(2009)年4月〜平成24(2012)年3月
上武大学看護学部(准教授)
平成24(2012)年4月〜現在に至る
上武大学看護学部(教授)
担当授業科目

[看護学部]
精神看護学概論(2学年・前期)
感染看護学(2年生・前期)
精神看護学方法論(2学年・後期)
看護情報学(2年生・後期)
研究理論(3学年・後期)
精神看護学実習(3学年・後期)
看護研究(4学年・通年)

[大学院経営管理研究科]
ストレスマネジメント特論(スポーツ健康マネジメントコース)

専門・研究領域
専門:精神看護学
研究領域:看護学生の自己意識,メンタルヘルス等に関する研究
主な著作・論文
著者責任著者

論文
1..高橋ゆかり・内藤和美・押田祐子・落合美紗記・熊谷真由美・島澤宏美・林綾子新聞報道に見る児童虐待(第1報)群馬パース看護短期大学紀要4(1),19-36,2002
2. 小林睦子・内藤和美・高橋ゆかり:新聞報道に見る児童虐待−評論記事の見出し−(第2報),群馬パース学園短期大学紀要第5(1),53-73,2003
3. 高橋ゆかり・鹿村真理子・田村文子:「対話的関係の自己点検」を用いたコミュニケーションの振り返りと精神看護学実習到達度との関連,群馬パース学園短期大学紀要5(2),37-48,2003
4. 高橋ゆかり・高木タカ子・関妙子:経験型実習として野外生活体験学習(共育キャンプ)導入の試み−ライフスキル教育の視点から−,群馬パース学園短期大学紀要5(2),59-72,2003
5. 高橋ゆかり・田村文子:精神看護学実習における看護学生の自我状態の変化について−実習前後のTEG(東大式エゴグラム)比較を通して−,群馬県立医療短期大学紀要第10,101-112,2003
6. 高橋ゆかり・田村文子・大塚明美:精神看護学実習における学生主催レクリエーションでの「学び」の分析―企画・運営・評価の過程を通して―,群馬パース学園短期大学紀要第6(1),61-71,2004
7. 高橋ゆかり:青年期女子の性に対する態度と女性性受容の関連(修士論文),聖徳大学大学院修士論文要旨集5 平成15年度,375-377,2004
8. 高橋ゆかり・大塚明美:精神看護学実習における受け持ち患者の選定に関する一考察−学生の自己決定に基づく患者選定の試みを通して−,群馬パース学園短期大学紀要第7(1),23-28,2005
9. 関妙子・鹿村真理子・高橋ゆかり・保坂さえ子・須藤絹子:基礎看護学における学生の看護診断能力に関する調査−紙上患者事例を用いた2年次終了時における調査から−,群馬パース学園短期大学紀要第7(1),29-37,2005
10. 高橋ゆかり・鹿村真理子・須藤絹子:看護学生の臨地実習におけるコミュニケーションの良否に関わる構成要因,群馬パース大学紀要1,17-24,2005

もっと見る

11. 柴田和恵・高橋ゆかり・鹿村真理子・田村文子・岡崎匡浩・上村信人:成人の健康行動と性格特性の関連―交流分析における基本的構えに焦点を当てて―,群馬県立県民健康科学大学紀要1,63-71,2006
12. 高橋ゆかり・長野勝:統合失調症患者事例を使った看護診断能力の分析−ゴードンの機能的健康パターンの枠組みによるアセスメントを通して−,群馬パース大学紀要2,81−88,2006
13. 高橋ゆかり・柴田和恵・鹿村真理子:看護学生の実習適応感に関する研究(第1報)−尺度作成の試みと信頼性・妥当性の検討−,群馬パース大学紀要2,37-46,2006
14. 柴田和恵・高橋ゆかり・鹿村真理子:看護学生の実習適応に関する研究(第2報)−実習適応感と関連要因の特徴の年次比較−,群馬パース大学紀要2,47-57,2006
15. 高橋ゆかり・柴田和恵・鹿村真理子:看護学生の実習適応感に関する研究(第3報)実習適応感に影響を与える要因の分析−,群馬パース大学紀要2,59-66,2006
16. 柴田和恵・高橋ゆかり・鹿村真理子:看護学生の実習適応感に関する研究(第4報)−愛着パターン別実習適応感の特徴−,群馬パース大学紀要2,67-78,2006
17. 高橋ゆかり・中野あずさ・田村文子:統合失調症慢性期患者とのコミュニケーションの特徴−精神看護学実習におけるコミュニケーション技術使用回数の変化−,日本看護学会論文集(看護教育)37,159-161,2006
18. 柴田和恵・高橋ゆかり・鹿村眞理子:看護学生の援助規範意識と職業的アイデンティティとの関連−臨地実習前後の特徴−,天使大学紀要7,85-92,2007
19. 高橋ゆかり・古市清美・鹿村真理子:患者を待たせる場面での意識に関する研究,ヘルスサイエンス研究11(1),25−31,2007
20. 杉原喜代美・高橋ゆかり:育児期にある母親の背景要因が睡眠感、疲労感に及ぼす影響,ヘルスサイエンス研究11(1),13−18,2007
21. 柴田和恵・高橋ゆかり・鹿村眞理子:成人期の人の臓器移植に対する意識調査 −自分と家族に対する意思の性差−,日本看護学会論文集(看護総合)38,129-131,2007
22. 鹿村眞理子・高橋ゆかり・柴田和恵:中高年の死に対する態度,−性、年齢、職業による違い−,日本看護学会論文集(看護総合)38,172-174,2007
23. 高橋ゆかり・柴田和恵・鹿村眞理子:中高年の臓器移植に対する意識と死に対する態度の関連 −医療職と非医療職の違い−,日本看護学会論文集(看護総合)38,175-177,2007
24. 高橋ゆかり・市村路子・田村文子:看護学生における統合失調症慢性期患者とのコミュニケーション技術の特徴−幻覚・妄想の症状レベルに着目して−,日本看護学会論文集(看護教育)38,168-170,2008
25. 池田優子・高橋ゆかり・杉原喜代美・栗田佳江:ピアカウンセラー養成講座のプログラムに対する理解度と自尊感情の関連―受講生へのアンケート調査分析を通して−,日本看護学会論文集(看護教育)38,234-236,2008
26. 高橋ゆかり・木暮美雪・池田優子:臨床指導者のパーソナリティ特性と抑うつ程度の関連-A県立8 病院臨床指導者を対象にした調査より-,日本看護学会論文集(看護管理)38,312-314,2008
27. 栗田佳江・杉原喜代美・池田優子・高橋ゆかり:思春期ピアエデュケーションと高校生の性に対するイメージとの関連,ヘルスサイエンス研究12(1),45-50,2008
28. 高橋ゆかり・杉原喜代美・栗田佳江・池田優子:思春期ピアカウンセラー養成セミナー受講学生における自己肯定意識と性に対する態度の変化,ヘルスサイエンス研究12(1),23-29,2008
29. 木暮深雪・高橋ゆかり・池田優子:B県における県立病院臨床指導者に対する教育プログラムの効果に関する検討(第1報)−心理社会的行動特性の変化についての考察−,ヘルスサイエンス研究12(1),71-77,2008
30. 池田優子・木暮深雪・高橋ゆかり:B県における臨床指導者に対する教育プログラムの効果に関する検討(第2報)―心理社会的行動特性の得点変化と「役立った」プログラム内容との関連―,ヘルスサイエンス研究12(1),79-84,2008
31. 柴田和恵・高橋ゆかり・鹿村眞理子:看護学生の援助規範意識と職業的アイデンティティ―1年生入学時と3年生の比較―,日本看護学会論文集(看護総合)39,78-80,2008
32. 高橋ゆかり・柴田和恵・鹿村眞理子:看護学生の援助規範意識と職業的アイデンティティの関連,日本看護学会論文集(看護総合)39,81-83,2008
33. 高橋ゆかり・桐山勝枝・高山千波・市村路子:精神看護学実習における患者への関わりが精神障害者に対するイメージ変化に与える影響,日本看護学会論文集(精神看護)39,194-196,2008 34. 池田優子・ 高橋ゆかり・ 杉原喜代美・ 栗田佳江:ピアカウンセラー養成講座のプログラムに対する理解度と自己肯定意識の変化との関連−受講看護学生へのアンケート調査分析を通して−,日本看護学会論文集(看護教育)39,412-414,2009  
35. 池田優子・ 小暮深雪・ 高橋ゆかり:管理者のためのウェルネス行動尺度作成の試み,日本看護学会論文集(看護管理)39,193-195,2009  
36. 高橋ゆかり:精神看護学実習における学生の自己意識−患者との関わりの頻度および精神障害者に対するイメージの変化との関連−,ヘルスサイエンス研究13(1),21-26,2009
37. 本江朝美、高橋ゆかり、桑田恵子、杉山洋介、益子直紀、吉岡一実:看護学生の不安に対する認知 とSense of Coherenceとの関連,上武大学看護学部紀要5(1),2-11,2009
38. 高橋ゆかり・高山千波・桐山勝枝:看護学生の共感性の特徴(1)−実習前後の変化−,日本看護学会論文集(看護総合)40,377−379,2009
39. 高橋ゆかり・高山千波・桐山勝枝:看護学生の共感性の特徴(2)−自己意識との関連―,日本看護学会論文集(看護総合)40,380-382,2009
40. 高橋ゆかり・高山千波・桐山勝枝:.精神看護学実習における看護学生のコミュニケーション技術と共感性との関連,日本看護学会論文集(精神看護)40,63-65,2010
41. 高橋ゆかり・本江朝美・古市清美・鹿村眞理子:看護学生の性格特性と精神看護学実習における気分変化の関連,ヘルスサイエンス研究14(1),115-121,2010
42. 古市清美・高橋ゆかり・鹿村眞理子:「看護と医療人類学」における死に関する研究--看護学生の親世代および祖父母世代を対象としたインタビュー事例を通して,ヘルスサイエンス研究14(1),41-47,2010
43. 古市清美・高橋ゆかり・鹿村眞理子:「看護と医療人類学」における病いについての学び−看護学生の親世代および祖父母世代を対象としたインタビューを通して−,上武大学看護学部紀要6(1),19-27,2010
44. 片貝智恵・高橋ゆかり・渡部洋子・ 長島真由美・吉岡一実:看護学部のFD活動におけるピアレビューの現状と課題,上武大学看護学部紀要6(1),44-52,2010
45. 高橋ゆかり・本江朝美・古市清美:看護学生の性格特性と精神看護学実習におけるSense of Coherenceとの関連,日本看護学会論文集(看護総合)41,295-298,2010
46. 古市清美・高橋ゆかり・鹿村眞理子:高齢者疑似体験の早期導入演習における看護学生の学び−観察者役から見た対象理解と看護のあり方−,日本看護学会論文集(看護総合)41,275-278,2010
47. 古市清美・高橋ゆかり・鹿村眞理子:高齢者疑似体験の早期導入演習における看護学生の学び−観察者役からみた高齢者転倒事故の危険要因−,日本看護学会論文集(看護総合)41,271-274,2010
48. 高橋ゆかり・本江朝美・古市清美:看護学生の性格特性と精神看護学実習における唾液アミラーゼ活性との関連,日本看護学会論文集(看護教育)41,142-145,2011
49. 内藤和美・大森昭生・高橋ゆかり:市内事業所が共同利用する官民協働・両立支援ネットワーク構築の模索,日本地域政策研究(9),129-136,2011
50. 高橋ゆかり・本江朝美・古市清美・香月毅史:看護学生の精神看護学実習における対人ストレス・コーピング,上武大学看護学部紀要6(2),9-19,2011
51. 本江朝美・高橋ゆかり・古市清美:看護学生のSense of Coherenceと自己および他者に対する意識との関連,上武大学看護学部紀要6(2),1-8,2011
52. 古市清美・高橋ゆかり・鹿村眞理子・兎澤恵子:早期体験演習における看護学生の老年看護に関する学び,上武大学看護学部紀要6(2),20-27,2011
53. 高橋ゆかり・ 内藤和美・ 大森昭生:事業所の子育て支援策の実態と労働環境の整備に対する意識 : 太田市における「仕事と子育ての両立支援に関する調査」結果より,上武大学教育研究センター年報, 84-93,2011
54. 古市清美・高橋ゆかり・本江朝美・鹿村眞理子:早期体験実習における看護学生の学びに関する研究,ヘルスサイエンス研究15(1),17-22,2011
55. 高橋ゆかり・本江朝美・古市清美:臨床看護師におけるライフスキルとストレス対処能力,ヘルスサイエンス研究15(1),71-76,2011
56.本江朝美・高橋ゆかり・ 副島和彦・田中晶子・伊藤マモル:補完代替医療の選択とSense of Coherence ,昭和医学会雑誌 71(4),398-407,2011
57. 古市清美・高橋ゆかり・本江朝美・高岡素子:認知症高齢者とのコミュニケーションにおける看護学生の困難感を抱いた場面,日本看護学会論文集(看護総合)42,362-365,2012
58. 益子直紀・高橋ゆかり・二渡玉江:ライフストーリーからみた死生観 −小児がん経験者へのインタビューを通して−,日本看護学会論文集(看護総合)42,184-187,2012
59. 高橋ゆかり・古市清美・本江朝美・鹿村眞理子:看護学生におけるストレス対処能力と抑うつ傾向の心理社会的要因との関連−職業的アイデンティティの視点から−,日本看護学会論文集(精神看護)42,214-217,2012
60. 古市清美・高橋ゆかり・高岡素子・鹿村眞理子:認知症高齢者に対する看護学生のイメージの変化-介護老人保健施設実習を通して-,日本看護学会論文集(精神看護)42,241-244,2012
61. 益子直紀・高橋ゆかり・二渡玉江:小児がん患者・小児がん経験者を対象とした研究の概要と今後の課題,上武大学看護学部紀要7(1),35-44,2012
62. 高橋ゆかり・古市清美・本江朝美・高橋陽子:看護師がストレス場面で用いるライフスキルとSense of Coherenceとの関連,日本看護学会論文集(看護管理)42,383-386,2012
63. 高橋ゆかり・本江朝美:看護師がストレスセルフマネジメントに用いるライフスキルとSOCおよび日常生活行動との関連,ヘルスサイエンス研究16(1),53-56,2012
64.本江朝美・ 高橋ゆかり・ 杉山洋介 ・田中学:触れるケアの前頭葉酸素交換機能検査による評価ヘルスサイエンス研究16(1),57-60,2012
65. 古市清美・ 高橋ゆかり・ 益子直紀 :認知症高齢者とのコミュニケーションにおける看護学生の学び,ヘルスサイエンス研究16(1),61-64,2012
66. 高橋ゆかり・本江朝美・古市清美・鹿村眞理子:看護学生の批判的思考態度と日常生活スキルおよび自己肯定感との関連,日本看護学会論文集(看護教育)43,98―101,2013
67. 高橋ゆかり・本江朝美・柴田和恵・古市清美:臨床看護師の自己肯定感とハーディネスおよびSense of Coherenceとの関連,日本看護学会論文集(看護管理)43,371―374,2013
68. 高橋ゆかり・本江朝美:看護学生の日常生活スキルとストレス対処との関連,ヘルスサイエンス研究 17(1),51-54, 2013
69. 本江朝美・高橋ゆかり・大滝周・田中学・杉山洋介:看護学生のケア場面における知覚体験とSense of Coherence(第1報)触れるケア, ヘルスサイエンス研究 17(1),55-60, 2013
70. 大滝周・本江朝美・高橋ゆかり・杉山洋介・田中学:看護学生のケア場面における知覚体験とSense of Coherence(第2報)見守るケア,ヘルスサイエンス研究 17(1),61-66, 2013
71. 高橋ゆかり・本江朝美・市村路子・鹿村眞理子:看護学生の批判的思考態度とストレス耐性およびストレス対処との関連,日本看護学会論文集(看護教育)44,71-74, 2014
72. 高橋ゆかり・本江朝美:批判的思考態度と文化的自己観・ハーディネス特性・自己肯定感との関連-看護師と看護学生の比較- ,ヘルスサイエンス研究 18(1),13-19,2014
73. 本江朝美・高橋ゆかり・大滝周:看護学生の見守るケアにおける自己評価と前頭前野の脳活動-模擬患者の反応の違いによる検討-,ヘルスサイエンス研究 18(1),55-62, 2014
74. 水落幸・日下和代・高橋ゆかり:看護学生の精神看護学実習前後における対人関係能力の変化,日本看護学会論文集(看護教育)45,158-161,2015
75. 鎌田由美子・高橋ゆかり・山勝裕子:精神障害者の家族に対する教育的介入への一考察−家族教室に参加したA氏の事例を通して−,日本看護学会論文集(看護教育)45,178-181,2015
76. 水落幸・日下和代・高橋ゆかり:看護学生の精神看護学実習前後における自律性の変化,日本看護学会論文集(精神看護)45,306-309.2015
77. 鎌田由美子・高橋ゆかり・山勝裕子:精神障害者の家族支援に関する研究−家族教室に参加したB氏の事例を通して−,日本看護学会論文集(精神看護)45,27-30.2015


著作
1.高橋ゆかり編著:2012年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる精神看護学,ピラールプレス,2011
2.高橋ゆかり編著,片貝智恵・古市清美・益子直紀著:2012年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる成人看護学,ピラールプレス,2011
3.高橋ゆかり編著:2013年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる精神看護学,ピラールプレス,2012
4.高橋ゆかり編著,片貝智恵・古市清美・益子直紀著:2013年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる成人看護学,ピラールプレス,2012
5.高橋ゆかり編著:2013年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる母性看護学,ピラールプレス,2012
6.高橋ゆかり編著,益子直紀著:2013年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる小児看護学,ピラールプレス,2012
7.高橋ゆかり編著,古市清美著:2013年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる老年看護学,ピラールプレス,2012
8.高橋ゆかり編著,片貝智恵著:2013年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる在宅看護論,ピラールプレス,2012
9.高橋ゆかり編著,柴田和恵著:2013年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる基礎看護学,ピラールプレス,2012
10.高橋ゆかり編著:2013年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる必修問題,ピラールプレス,2012

もっと見る

11.高橋ゆかり編著:2014年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる母性看護学,ピラールプレス,2013
12.高橋ゆかり編著:2014年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる小児看護学,ピラールプレス,2013
13.高橋ゆかり編著,柴田和恵著:2014年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる基礎看護学,ピラールプレス,2013
14.高橋ゆかり編著:2014年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる必修問題,ピラールプレス,2013
15.高橋ゆかり編著,片貝智恵著:2014年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる,在宅看護論,ピラールプレス,2013
16.高橋ゆかり編著:2014年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる老年看護学,ピラールプレス,2013
17.高橋ゆかり編著:2014年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる精神看護学,ピラールプレス,2013
18.高橋ゆかり編著:2014年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる健康支援と社会保障制度, ピラールプレス,2013
19..高橋ゆかり編著:片貝智恵・柴田和恵著2014年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる成人看護学(上), ピラールプレス,2013
20.高橋ゆかり編著:片貝智恵・柴田和恵著2014年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる疾病の成り立ちと回復の促進, ピラールプレス,2013
21.高橋ゆかり編著:片貝智恵・柴田和恵著2014年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる成人看護学(下), ピラールプレス,2013
22. 本江朝美編著・高橋ゆかり分担著者:看護学生のための臨地実習ナビ: 行動計画・看護手順がよくわかる,p.133〜164,照林社,2013
23.高橋ゆかり編著:2015年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる健康支援と社会保障制度,ピラールプレス,2014
24.高橋ゆかり編著・片貝智恵・柴田和恵著:2015年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる疾病の成り立ちと回復の促進,ピラールプレス,2014
25.高橋ゆかり編著:2015年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる母性看護学,ピラールプレス,2014
26.高橋ゆかり編著:2015年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向がみえる小児看護学,ピラールプレス,2014
27.高橋ゆかり編著:2015年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向が見える精神看護学,ピラールプレス,2014
28..高橋ゆかり編著:2015年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向が見える老年看護学,ピラールプレス,2014
29.高橋ゆかり編著・片貝智恵著:2015年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向が見える在宅看護論,ピラールプレス,2014
30.高橋ゆかり編著・柴田和恵著:2015年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向が見える基礎看護学,ピラールプレス,2014
31.高橋ゆかり編著:2015年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向が見える必修問題,ピラールプレス,2014
32.高橋ゆかり編著・片貝智恵・柴田和恵著:2015年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向が見える成人看護学・上,ピラールプレス,2014
33.高橋ゆかり編著・片貝智恵・柴田和恵著:2015年看護師国家試験対策 短期集中!完全制覇!出題傾向が見える成人看護学・下,ピラールプレス,2014


ページトップへ戻る
最終学歴・学位等
最終学歴:群馬大学大学院医学系研究科保健学専攻 基礎看護学博士前期課程
学位:修士(保健学)、学士(教養)
免許:看護師免許、臨床工学技士免許、救急救命士免許
資格:中央労働災害防止協会公認KYTインストラクター、介護支援専門員
日本救急看護学会
集中治療医学会
日本看護科学学会
日本看護学会
群馬呼吸療法認定士会会長(2005〜現在)
主な職歴

昭和61(1986)年4月〜平成元(1989)年3月
日本医科大学医学部附属病院 高度救急救命センター
平成2年4(1990)月〜平成20(2008)年3月
群馬大学医学部附属病院
平成20(2008)年4月〜平成25(2013)年3月 
上武大学看護学部(准教授)
平成25(2013)年4月〜現在に至る 
上武大学看護学部(教授)

担当授業科目
【看護学部】
急性期成人看護学実習(4年前期)
統合実習(4年前期)
慢性期成人看護学実習(3年後期)
救急・災害看護論(3年後期)
成人看護学援助技術(3年後期)
成人看護学方法論T(2年前期)
成人看護学方法論U(2年後期)
成人看護学看護過程論(2年後期)
成人看護学概論(1年後期)
疾病論U(1年後期)

【大学院経営管理研究科】
(スポーツ健康マネージメントコース)
救急災害マネジメント特論A(1・2年前期)
救急災害マネジメント特論B(1・2年後期)
専門・研究領域
専門分野:成人看護学
研究領域:急性期周手術期看護、クリティカルケア看護、救急看護、KYT活動など
主な著作・論文
著者責任著者
論文
1.千明政好, 星野悦子, 齋藤やよい他, 看護管理者が認識するエキスパートナースのイメージに関する研究, 群馬保健学紀要,26,(1-10),2006.
2.岩田幸枝, 千明政好,齋藤やよい他,異常を判断したICU看護師の思考パターンの分析, 群馬保健学紀要26,(11-18), 2006.
3.鈴木恵理,千明政好, 小板橋喜久代他, 肺葉切除術後患者における座位とファーラー位の生体反応, THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL, 58(3) : 356, 2008.
4.北爪明子,千明政好,小板橋喜久代他,女性のライフイベントを経験し、キャリア後期まで勤務継続できた要因と役割自覚−病院に勤務する看護師に焦点をあてて−,第39回看護日本看護学会論文集 看護管理,291-293,日本看護協会出版会,2009.
5. 森田 孝子 , 千明 政好 , 片貝 智恵 参加型地域公開活動に参加した学生の学習効果 : 「看護の日に当たり健康を考える」学外実地体験に参加した学生の調査から, 上武大学看護学部紀要 6(1), 28-37, 2010-12
6.千明政好 ,片貝 智恵:エンジョイ・レスキュー(ER)サークルが看護学生に与える効果に関する研究, 上武大学看護学部紀要 6(2)p36-44. 2011.
7.千明政好 ,片貝 智恵、山勢博彰他、救急看護師が認識する臨床で重要性が高まっている技術・能力に関する調査, 日本救急看護学会雑誌,15(2),23-30,2013.
著者
1.道又 元裕編集,人工呼吸ケアのすべてがわかる本,照林社,2001.9,第6章人工呼吸中の鎮痛について分担執筆p179-224.
2. 池松 裕子編著,クリィティカルケア看護の基礎 生命危機状態へのアプローチ第1版,メヂカルフレンド社,2003.7,第2章−クリティカルな脳・神経疾患患者の看護を分担執筆 p248-266.
3. 中村恵子監著、 Nursing Selection10救急ケア初版,学習研究社,2003.8.,第3章3-2安全を最優先に考える急性期の身体拘束の節を分担執筆、p218-227.
4. 野嶋佐由美・渡辺裕子編集, 家族看護6「特集:生命の危機状態にある患者家族への看護」,日本看護協会出版会,2005.8,「救急場面での家族看護を可能にする体制づくり」を分担執筆VOL.3-2, p36-43.
5. 山勢博彰/山勢善江/菅原美樹/阿久津功/清村紀子/佐藤憲明/立野淳子/千明政好/西澤健司/原田竜三/平尾明美/松本幸枝/冨岡小百合著,系統的看護学講座別巻 救急看護学 第4版,医学書院,2006.3 ,第3章救急看護体制と看護の展開の院内急変時における対応p72-76, 第4章救急患者の観察とアセスメントC緊急時検査p102-108,J内分泌・代謝系p147-149, 第5章主要病態に対する救急処置と看護G体液・代謝異常への対応p220-227,を分担執筆. 6. 山勢博彰編集, クリティカルケアアドバンス看護実践, 第2章ライン・カテーテル・ドレーン管理の技術,南江堂,2013. 3腹腔ドレナージの管理と実際p187-198を分担執筆,
7.佐伯由香・田中美智子編集:ナーシンググラフィカ健康の回復と看護@呼吸機能障害/循環機能障害,MCメディカ出版, 第3版2014.1. 第1章4肺循環障害p46-50、5呼吸器系におけるその他の障害-胸部外傷p51-53 ,第4章3呼吸機能障害の治療に伴う看護p96-101、を分担執筆
8.リスク感性と気づきの力の教育,「リスク感性教育とKYTのポイント」, 病院安全教育、Vol.1(2).p11-16.2013.10.
9.安全で快適な職場風土にする指導者側に求められる配慮とコミュニケーション:看護人材育成、Vol.12(1).p16-23.2015.4.
ページトップへ戻る
最終学歴・学位等
最終学歴:徳島大学大学院工学研究科
学位:博士(工学)
電子情報通信学会
日本医療情報学会
情報処理学会
IEEE(The Institute of Electric and Electronic Engineers)
AMIA(American Medical Informatics Association)
主な職歴
昭和55(1980)年4月〜平成16(2004)年4月
三洋電機株式会社
平成16(2004)年5月〜平成18(2006)年3月
国際医療福祉大学 医療福祉学部医療経営管理学科
平成18(2006)年4月〜現在に至る
上武大学看護学部
担当授業科目
コンピュータリテラシT(1年前期)
コンピュータリテラシU(1年後期)
医療情報学(2年前期)
保健統計学(2年後期)
保健医療福祉システム論(2年後期)
保健医療データ処理論(3年後期)
看護研究(4年通年)
専門・研究領域
専門: 医療情報学
研究領域:
保健医療情報システムにおけるヒューマン・コンピュータ・インタラクション(HCI)
知識ベース:個人の健康管理のためのデータ蓄積と知識抽出
情報視覚化:医療・看護での患者・家族への情報提供、医療費分析支援のための視覚化
主な著作・論文
著者責任著者
論文
1. 豊田修一、青木勝春、森晃、松村博、“マルチフォント対応卓上型印刷漢字OCR”、三洋電機技報, Vol.21, no.1, pp.12-19, 1989
2. 角田幸久、森晃、豊田修一、林信吉、嶋田勝利、“文字部分要素の特性に利用した文字切り出し”、1992年電子通信情報学会秋期大会論文集(分冊6)、p.313, 1992.
3. 豊田修一,仁木登,植村哲也,西谷弘、 “指示データの集約化・視覚化による診療支援システムの開発”、 電子情報通信学会論文誌(DU), Vol.J86-D-U, pp.1111-1122,2003.
4. 豊田修一,仁木登,西谷弘, “病診連携機能を有するオーダリングシステムの開発”、 電子情報通信学会技報, MBE2003-55, pp.63-66, 2003.
5. Shuichi Toyoda, Noboru Niki, Hiromu Nishitani, “Human Computer Interaction through Consolidation and Visualization for Order Entry Systems,”  25th Annual International Conference of IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBS), Cancun, pp.1280-1283, 2003.
6. Shuichi Toyoda, Noboru Niki, Hiromu Nishitani, “SAKURA-Viewer : Intelligent Order History Viewer based on Two-Viewpoint Architecture,” IEEE Transactions of Information Technology in Biomedicine(TITB), vol.11, no.2, pp.141-152, 2007.
7. Shuichi Toyoda, Noboru Niki, Hiromu Nishitani, “A Test-Data Management Function for Chronic Condition Patients,”Proceedings 20th IEEE International Symposium on Computer-Based Medical Systems, Maribor, pp.707-712, 2007.
8. Shuichi Toyoda, Noboru Niki, Hiromu Nishitani, “Two Intelligent Order Viewers for Chronic Patients on Order Entry System,” 30th Annual International Conference of IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBS),Vancouver, pp.4350-4353, 2008.
9. 豊田修一,片貝智恵,仁木登,“保健医療分野における情報視覚化”,情報処理学会デジタルプラクティス誌, vol.4, no.3, pp.251-259, 2013.
10. Shuichi Toyoda, Noboru Niki, “Visualization-based Medical Expenditure Analysis Support System,” 37th Annual International Conference of IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBS), Milan, pp.1600-1603, 2015.
著作
1. 樺沢一之、豊田修一、“電子カルテシステム”、医療情報学入門、pp.104-130、共立出版、2006 2. 樺沢一之、寺島和浩、豊田修一、“インターネット”、医療・福祉系のための情報リテラシー−WindowsVista Office2007−、pp.188-219、共立出版、2009
3. Shuichi Toyoda, Noboru Niki, “Information Visualization for Chronic Patient's Data,” Information Search, Integration and Personalization, CCIS 146, Springer, (ed) Yuzuru Tanaka, pp.81-90, 2012.
ページトップへ戻る
最終学歴・学位等

最終学歴:福井県立大学大学院看護福祉学研究科看護学専攻修士課程
学位:修士(看護学・社会福祉学)
免許:看護師免許、保健師免許、助産師免許、社会福祉士免許、養護教諭専修免許、養護教諭一種免許、精神保健福祉士
資格:介護支援専門員、受胎調節実地指導員

日本地域看護学学会 

日本学校保健学会 

北陸学校保健学会
日本健康相談活動学会 

日本スピリチュアル学会
日本看護歴史学会
福井県坂井地区介護保険認定審査会委員(1999年〜現在に至る)
福井県丸岡町社会福祉協議会在宅介護支援センター運営協議会委員(2000年〜2002年)
財団法人 予防接種リサーチセンター保健福祉相談員(2004年〜2011年)
福井県子育てマイスター(2006年〜現在に至る)
滋賀県彦根市福祉保健部高齢者保健福祉計画策定委員(2009年〜2011年)
滋賀県彦根市福祉保健部指定管理制度における第3者評価委員(2009年〜2011年)
滋賀県彦根市社会福祉法人「かいぜ寮」第3者評価委員(2009年〜2011年)
福井県坂井市鳴鹿地域子育て応援会議委員(2011年〜現在に至る)

主な職歴

1975年4月〜1976年 9月 
京都大学医学部付属病院
1979年4月〜1982年12月 
京都市右京保健所
1995年5月〜2000年9月 
福井県看護協会・ナースセンター
2000年10月〜2005年5月 
社会保険健康事業財団福井県支部
2001年6月〜2015年  
福井歯科専門学校非常勤講師
2004年4月〜2015年  
仁愛女子短期大学非常勤講師
2005年6月〜2009年3月 
福井県坂井健康福祉センター 福井東地域包括支援センター 坂井市福祉保健部
2009年4月〜2011年3月 

聖泉大学短期大学部(学科長・准教授)
2009年10月〜現在に至る 

仁愛大学非常勤講師
20102年4月〜2012年9月 

桐生大学医療保健学部 看護学科(准教授)

2012年10月〜現在に至る  

上武大学看護学部(准教授)

担当授業科目

公衆衛生看護学概論(2年前期)
保健福祉行政論U(3年前期)
公衆衛生看護活動展開論(2年後期)
公衆衛生看護学実習(4年前期)
教育実践演習(4年後期)
看護研究(4年前期・後期)

専門・研究領域

専門:地域看護学 学校保健
研究領域:地域看護 学校保健 地域福祉

主な著作・論文

著者責任著者

論文

1.日下純子:心の健康問題をもつ児童や生徒に対する養護教諭の実践の特徴ー保健室登校を中心にー,福井県立大学看護福祉学研究科修士論文2005.
2.日下純子:心の健康問題をもつ児童や生徒に対する養護教諭の実践の特徴ー保健室登校を中心にー,第8回 日本地域看護学会,2005.
3.日下純子:心の健康問題をもつ児童や生徒に対する養護教諭の実践の特徴 −保健室登校を中心にー 保健の科学,第49巻,第1号,41〜45,2007.

4..日下純子:心の健康問題をもつ児童や生徒に対する養護教諭の実践の特徴―プロセスの構造化を試みてー日本健康相談活動学会、2006年.
5..日下純子:心の健康問題をもつ児童や生徒に対する養護教諭の実践の特徴−養護教諭の職務の特質と保健室機能に着目してー日本健康相談活動学会、2006年.
6..日下純子:福祉施設における芸能活動の様相、介護福祉士へのインタビューをもとに 聖泉大学短期大学部紀要、2009年
7.日下純子:ポートフォリオでリハビリテーションの一報告 聖泉論叢 ,2010
8..日下純子:ポートフォリオでリハビリテーション2009年度滋賀県リハビリテーション研究外部委託研究、第5回滋賀県連携リハビリテーション学会研究大会、2011年.

9.日下純子:日本のナイチンゲール 瓜生イワの業績と意義−間引き・堕胎防止活動を中心に−福井県立大学大学院看護福祉学研究科修士論文、2014年
10.日本看護歴史学会 第30回学術集会 講演集55〜56頁 2016年

著作

1.菊池信子、新井充春、日下純子他:福祉実践をサポートする介護概論、要介護者家
族の関係調整への具体的な支援,145〜147,保育出販社、2011年.
2..日下純子他:『おしえて!子育てマイスター+4つの知恵』93〜94頁,福井新聞社,2016,7.

ページトップへ戻る
最終学歴・学位等

最終学歴:聖学院大学院人間福祉学研究科人間福祉専攻修士課程修了
学位:修士(人間福祉学)
免許:看護師免許、高等学校助教諭免許(看護)
資格:保育士資格、専修学校教員資格、中級教育カウンセラー、ICI認定カウンセラー・

所属学会
日本看護学会(昭和46年4月〜現在に至る)
日本教育カウンセリング学会(平成14年月〜現在に至る)
日本カウンセリング学会 (平成18年4月〜現在に至る)
日本交流分析学会 (平成22年10月〜現在に至る)
NPO埼玉カウンセリング研究会(平成7年4月〜現在に至る)
埼玉交流分析研究会(平成13年10月〜現在に至る)
国際カウンセリングフォーラム(役員:平成15年4月〜現在に至る)
青森がん体験談語りDB構築プロジェクト
【研究代表東京大学特任講師山崎浩司】(平成21年10月〜現在に至る)
埼玉県高等看護学校教員研究会
(元会長1期、副会長2期)(平成6年4月〜平成23年3月)

社会活動
鴻巣市民大学講座 託児ボランティア養成講座講師(平成17年2月)
同講座講師(平成19年2月)
庄和町市民講座講師「思春期の心理:キレる子どもたち」(平成17年5月)
蓮田市子育て支援講座講師(平成18年10月)
同講座講師(平成19年10月)
NPO国際カウンセリング研究所元理事(平成17年10月〜22年3月)
生命尊重センター 円ブリオ活動支援(平成19年4月〜現在に至る)

主な職歴

昭和46(1971)年4月〜昭和47(1972)年12月 

前橋赤十字病院、武蔵野赤十字病院(看護部)    
昭和48(1973)年2月〜昭和48(1973)年12月 

日立製作所亀有工場病院(看護部) 
昭和49(1974)年6月〜昭和51(1976)年10月 

春日部市立病院(看護部)     
昭和51(1976)年10月〜昭和55(1980)年3月 

南桜井キリスト教会附属ひかりの子幼稚園
昭和55(1980)年4月〜平成 5(1993)年3月 

春日部市立病院(看護部)      
平成 5(1993)年4月〜平成18(2006)年3月 

早稲田医療技術専門学校看護学科
平成18(2006)年4月〜平成21(2009)年3月 

埼玉県立常盤高等学校看護科  
平成21(2009)年4月〜平成23(2011)年3月 

早稲田医療技術専門学校看護学科

平成23(2011)年4月〜現在に至る

上武大学看護学部(准教授)

担当授業科目

小児看護学方法論U(3年後期)
小児看護学実習T(2年後期)
小児看護学実習(4年前期)
看護研究 (4年前期/後期)
発育発達論 (ビジネス情報学部2〜4年後期)

専門・研究領域
専門領域:看護、カウンセリング
研究領域:看護教育、カウンセリング、特に交流分析「ストローク」を中心に研究
主な著作・論文
著者責任著者
論文

1.鈴木諭子、佐々木栄利子、齋藤麻子、野みどり、看護学生の性格特性と学生が実習中に接する人からのストロークとの関係、日本看護学会論文集、看護教育 37, 318-320, 2006.
2.野みどり、看護学生が臨地実習中に受けるストロークの受け止め方と性格特性との関係―エゴグラムを用いた一考察―,聖学院大学大学院人間福祉研究科人間福祉専攻修士論文,2011.
学会発表

3.野みどり、佐々木栄利子、齋藤麻子、看護学生の性格特性と学生が実習中に接する人からのストロークからの関係,埼玉県高等看護学校教員研究会大会2008.8 
4.野みどり、食べ吐きを繰り返す○子への支援、日本教育カウンセラー協会全国大会発表論文集、日本教育カウンセリング学会2005.

5.野みどり、佐々木栄利子、齋藤麻子、実習中に接する人からのストロークとエゴグラムとの関係、日本教育カウンセラー協会全国大会発表論文集、日本教育カウンセリング学会2007.11. 

ページトップへ戻る
最終学歴・学位等

最終学歴:群馬大学大学院保健学研究科
学位:修士(保健学)
免許:看護師免許、救急救命士免許、看護管理者(ファーストレベル)
資格:日本医師会医療安全推進者資格

日本公衆衛生学会
日本健康教育学会
日本看護研究学会
日本運動疫学会

主な職歴

平成3(1991)年4月〜平成15(2003)年3月

埼玉医科大学病院(平成11(1999)年5月〜主任看護師)   
平成15(2003)年4月〜平成24(2012)年3月

毛呂病院看護専門学校
平成24(2012)年5月〜平成25(2013)年3月

群馬大学TA    
平成25年4月〜現在に至る

上武大学看護学部(講師)

担当授業科目

老年看護学概論(1年後期)
老年看護学方法論T(2年前期)
老年看護学方法論U(2年後期)
老年看護学実習(3年前期)
リハビリテーション看護(4年後期)
認知症ケア論(4年後期)
看護研究(4年通年)

専門・研究領域
専門領域:老年看護学 健康推進学
研究領域:ヘルスプロモーション、健康教育
主な著作・論文
著者責任著者
論文

1.石久保雅浩,鵜沢陽子:看護記録の変遷―明治6年から大正4年看護婦規則制定まで―,第24回日本看護研究学会雑誌,21(3),390,1998.
2.石川達久,石久保雅浩,武藤光代他:実習看護学生・病棟看護者における術後疼痛部位に関する意識調査―股関節術後患者を通じて―,第26回日本股関節学会,1999.
3.清水睦美,石久保雅浩,武藤光代他:寛骨臼回転骨切り術後の安楽な肢位に対しての一考察―高分子吸収材を用いた枕を試用して―,第27回日本股関節学会,2000.
4.佐々木真紀,石久保雅浩,武藤光代他:頸椎術後患者の安静保持より起こる苦痛緩和への一考察―椎弓形成術後の安楽枕を試みて―,整形外科看護,6(3),273-278, 2001.
5.北村昇子,石久保雅浩,武藤光代他:人工股関節全置換術後に起こりえる深部静脈血栓症の予防に対する一考察,第28回日本股関節学会,2001.
6.紫藤順子,石久保雅浩,武藤光代他:症状排泄の看護についての患者の満足度―満足度・不安・羞恥心の関係について―,日本看護学会抄録集成人看護U,33,167,2002.
7.深津晃久,石久保雅浩,武藤光代他:股関節術後患者のADL向上のための一考察―カラフルアイアンハンドの使用を試みて―,Hip Joint,29,53-55,2002.
8.八木健太,石久保雅浩,武藤光代他,股関節手術後における体重増加について,Hip Joint,30,25-27,2004.
9.石久保雅浩,吉田亨:家庭生活における身体活動量の意義―文献reviewから―,第21回日本健康教育学会誌,20,72,2012.
10.石久保雅浩,吉田亨:3軸加速度計で測定した身体活動量および生活活動量研究の動向,上武大学紀要,9,1-15,2015
著作
1.箱石文恵,石久保雅浩,岩沢純子,第6章運動器・血液・栄養・代謝,疾患別看護過程セミナー統合改訂版,588-601,医学芸術社,2006.

ページトップへ戻る
最終学歴・学位等
最終学歴:群馬大学大学院医学系研究科保健学専攻博士前期課程
学位:修士(保健学)
免許:看護師免許、保健師免許
日本救急看護学会
群馬呼吸療法認定士会、副会長(平成17年〜現在に至る)
主な職歴
平成8(1996)年4月〜平成20(2008)年3月
群馬大学医学部附属病院(看護師・平成15(2003)年4月〜副看護師長)
平成20(2008)年4月〜平成20(2008)年7月
上武大学看護学部(非常勤助手)
平成20(2008)年8月〜現在に至る
上武大学看護学部(講師)
担当授業科目

成人看護学看護過程論(2年後期)
成人看護学援助技術(3年後期)
救急・災害看護論(3年後期)
慢性期成人看護学実習(3年後期)
急性期成人看護学実習(4年前期)
看護技術総合演習(4年前期)
看護研究(4年通年)

専門・研究領域
専門:成人看護学
研究領域:成人看護学
主な著作・論文
著者責任著者
1. 片貝智恵,千明政好,人工呼吸患者の鎮静・鎮痛と呼吸ケア 人工呼吸患者の精神状態と疼痛のアセスメント・評価の実際,呼吸器ケア,4(3),305-312,2006.

2. 片貝智恵,小西美里,千明政好,須田利佳子,森田孝子:成人看護学公開講座の成果と今後の課題 救護を中心とした公開講座を実施して,上武大学看護学部紀要,5(1), 31-34, 2009.
3. 片貝智恵,千明政好:慌てない!院内急変の見方・考え方 意識障害・痙攣,呼吸器&循環器ケア,10(5),32-39,2010.
4. 池松裕子編著:クリィティカルケア看護Uアセスメントと看護ケア(第1版)第3章クリティカルな状態の患者の脳・神経機能と看護 4代表的な脳・神経機能障害患者の看護分担執筆,メヂカルフレンド社,181-202,2011.
5. 高橋ゆかり編著:出題傾向がみえる成人看護学(第1版)要点編分担執筆,ピラールプレス,27-33・39-50・65-79,2011.
6. 片貝智恵:人工呼吸器装着患者における気管吸引方法の違いによる換気への影響,日本看護学会論文集(成人看護T)42,70-73,2012. 
7. 片貝智恵:人工呼吸器装着患者における気管吸引方法の違いによるバイタルサインへの影響,日本看護学会論文集(成人看護T)42,74-77,2012.

ページトップへ戻る
最終学歴・学位等

最終学歴:群馬大学大学院医学系研究科保健学専攻博士前期課程
学位:修士(保健学)
免許:看護師免許
資格:厚生省認定看護教員資格、看護管理者資格、訪問看護師資格、臨床実習指導者資格介護支援専門員資格、日本赤十字社救護員資格

所属学会
日本看護科学学会     
日本在宅看護学会

社会活動
昭和60年(1985)年 日航機墜落事故救護派遣     
平成7年(1995)年 阪神淡路大震災救護派遣     
平成11年(1999)年10月〜平成15年(2003)年3月 前橋市介護認定審査会審査委員

主な職歴

昭和56(1981)年4月〜平成7(1995)年5月

原町赤十字病院 看護師
平成8(1996)年3月〜平成8年(1996)年6月

前橋赤十字病院 看護師
平成8(1996)年7月〜平成19(2007)12月

前橋東看護学校 専任教員
平成23(2011)年4月〜平成24(2012)年8月
上武大学看護学部看護学科専任教員(講師)
平成25(2013)年4月〜平成26(2014)年2月
敬愛看護学院 専任教員
平成28(2016)年4月〜現在に至る
上武大学看護学部看護学科専任教員(講師)

担当授業科目

成人看護学方法論U(2年後期)     
成人看護学援助技術(3年後期)     
がん看護学(3年後期)     
ターミナルケア論(4年後期)     
慢性期成人看護学実習(3年後期)     
急性期成人看護学実習(4年前期)
看護研究(4年通年)

専門・研究領域
専門領域:在宅看護学 成人看護学
研究領域:看護教育(主に在宅・成人看護の講義、実習)に関する研究
主な著作・論文
著者責任著者

論文
1.M根貴子:訪問看護師の実習指導に対する認識,群馬大学医学系研究科保健学専攻修士論文,2009.
2.M根貴子:訪問看護師の実習指導に対する認識,第29回日本看護科学学会学術集会講演集,489,2009,

ページトップへ戻る
最終学歴・学位等

最終学歴:群馬県立県民健康科学大学大学院修士課程 看護学研究科看護学専攻
学位:修士(看護学)
免許:看護師免許

日本精神保健看護学会
日本看護学教育学会
日本看護科学学会

【社会活動】
EPA看護師候補者学習支援集合研修講師(平成24年1月〜現在に至る)

主な職歴

昭和56(1981)年4月〜平成元(1989)年3月

群馬県立佐波病院看護部(現群馬県立精神医療センター)
平成11(1999)年1月〜平成22(2010)年3月

前橋市医師会立前橋高等看護学院
平成22(2010)年4月〜平成24(2012)年3月

前橋市医師会立前橋准看護学校 
平成24(2012)年5月〜平成27(2015)年3月

群馬パース大学保健科学部看護学科講師
平成27(2015)年4月〜現在に至る
上武大学看護学部講師

担当授業科目

看護と癒し(2年前期)
精神保健論(2年前期)
精神看護学方法論(2年後期)
看護管理学概論(3年後期)
精神看護学実習(3年後期)
看護管理学方法論(4年後期)
統合実習(4年前・後期)
看護技術総合演習(4年前期)
看護研究(4年通年)

専門・研究領域
専門領域:精神看護学
研究領域:精神看護、看護教育
主な著作・論文
著者責任著者

1.鎌田由美子,佐藤玉江,土屋まゆみ,山本京子,山勝裕子:精神看護学概論講義における学生の「学び」の内容分析,第40回日本看護学会論文集-看護教育-,251-253,2009.
2.鎌田由美子,松田安弘,山下暢子:教員による2年課程看護専門学校学生のレディネスの把握に関する研究−看護学実習における教授活動に焦点を当てて−,群馬パース大学紀要15,63-76,2013.  
3.伊藤明子,鎌田由美子:2年課程看護専門学校学生の学生生活上の困難感,第44回日本看護学会論文集-看護総合-,325-328,2014.
4.鎌田由美子:精神看護学実習における急性期・慢性期病棟での学びの特徴,第45回日本看護学会抄録集-看護教育-,261,2014.  
5.鎌田由美子,高橋ゆかり,山勝裕子:精神障害者の家族に対する教育的介入への一考察−家族教室に参加したA氏の事例を通して−, 第45回日本看護学会論文集-看護教育-,182-185,2015.  
6.鎌田由美子, 高橋ゆかり,山勝裕子:精神障害者の家族支援に関する研究−家族教室に参加したB氏の事例を通して−,第45回日本看護学会論文集-精神看護-,27-30,2015.  
7..鎌田由美子:デイケア・グループホーム実習を取り入れた精神看護学実習における学生の学習効果,日本精神科看護学術集会誌58(2),210-214,2015.
8.鎌田由美子:精神看護学実習における学生の対人関係構築に関する学び,第46回日本看護学会論文集-看護教育-,43-46,2016.
9.鎌田由美子, 高橋ゆかり,山勝裕子:統合失調症の家族支援に関する研究−家族教室に参加するプロセスにおける心理的葛藤に焦点を当てて−,第46回日本看護学会論文集-精神看護-,67-70,2016.
10.高橋ゆかり,水落幸,鎌田由美子,神田千春:看護学生のレジリエンスと心の健康度・疲労度との関連,第46回日本看護学会論文集-精神看護-,287-290,2016.
11.長澤貴志,鎌田由美子:摂食障害患者の溜め込み行為軽減に向けたかかわり-制限箱を用いた試み-,日本精神科看護学術集会誌59(2),147-151,2016.


ページトップへ戻る
最終学歴・学位等

最終学歴:東京医療保健大学大学院医療保健学科
学位:修士(看護マネジメント学)
免許:看護師免許、保健師免許
資格:介護支援専門員

日本地域看護学会

日本ケアマネジメント学会

日本看護管理学会
日本公衆衛生看護学会

主な職歴

昭和58(1983)年4月〜昭和63(1988)年3月 

東京都保健所 
昭和63(1988)年5月〜平成元(1989)年10月 

東京大学保健センター
平成5(1993)年4月〜平成8(1996)年2月

埼玉県川里村(現:鴻巣市)保健センター   
平成8(1996)年4月〜平成9(1997)年10月

医療法人大壮会久喜すずのき病院
平成10(1998)年12月〜平成12(2000)年7月
埼玉県厚生連幸手総合病院
平成12(2000)年8月〜平成21(2009)年6月
社会福祉法人幸和会
平成21(2009)年8月〜平成25(2013)年3月
学校法人早稲田医療学園早稲田医療技術専門学校
平成25(2013)年4月〜現在に至る
上武大学看護学部(講師)

担当授業科目

在宅看護学概論(2年前期)
在宅看護学実習(3年前期)                
在宅保健活動論(4年前期)                
在宅生活支援技術(2年後期)                
在宅ケアシステム論(3年後期)                
家族看護学(2年後期)
チーム医療論(4年後期)  

専門・研究領域
専門領域:地域看護学
研究領域:地域看護、地域ケア
主たる研究テーマ:看護職の職種間協働に関する研究
保健師の専門性と職種間協働に関する研究
主な著作・論文
著者責任著者

1.小山道子,精神科領域における看護職の役割と援助方法に関する研究,埼玉県立短期大学,1997.
2.小山道子,地域包括ケアシステムの構築を推進する地域包括支援センターの3職種協働のあり方に関する研究,日本ケアマネジメント学会2013.
3.小山道子,地域包括支援センターの保健師が他職種協働を確立するまでのプロセス,日本公衆衛生看護学会,2016.
4.小山道子,地域包括支援センター看護職の社会福祉士,主任介護支援専門員との職種間協働のプロセス,日本地域看護学会誌,19(3),60-69,2016.


ページトップへ戻る
最終学歴・学位等

最終学歴:パース大学大学院修士課程
学位:修士(保健学)
免許:看護師免許、助産師免許

日本看護学教育学会
日本看護研究学会

主な職歴

昭和49(1974)年4月〜平成5(1993)年3月

前橋赤十字病院
平成5(1993)年4月〜平成25(2013)年3月 

東群馬看護専門学校
平成25(2013)年4月〜現在に至る

上武大学看護学部(講師)

担当授業科目

母性看護学概論 (1年後期)      
母性看護学方法論T(2年前期)      
母性看護学方法論U(2年後期)      
母性看護学実習T(3年前期)      
母性看護学実習U(3年後期)      
看護研究(4年通年)

専門・研究領域
専門領域:母性看護学
研究領域:看護教育
主な著作・論文
著者責任著者

1.中島初江:新卒看護師の看護技術習得状況の経時的変化に関する研究 日本看護学会 2012年
2.中島初江:新卒看護師の就職後半年間における看護技術の習得状況に関する経時的研究 修士学位論文 2012年


ページトップへ戻る
最終学歴・学位等

最終学歴:人間総合科学大学大学院 人間総合科学研究科 心身健康科学専攻
学位:修士(心身健康科学)
免許:看護師免許、助産師免許

日本看護学会
日本看護科学学会
日本母性衛生学会
日本心身健康科学学会
高崎医師会看護専門学校 助産学科 講師(平成28年4月〜現在に至る)

主な職歴

昭和62(1987)年4月〜昭和63(1988)年7月

東京女子医科大学附属第2病院
昭和63(1988)年8月〜平成2(1990)年3月

群馬大学医学部附属病院
平成5(1993)年9月〜平成9(1997)年3月

医療法人翠松会 松原医院
平成8(1996)年4月〜平成11(1999)年4月
西川助産院開業
平成8(1996)年4月〜平成16(2004)年3月

高崎市役所新町保健センター 妊産褥婦・新生児訪問
平成16(2004)年4月〜平成23(2011)年12月

医療法人愛生会 セントラルレディースクリニック
平成23(2011)年12月〜平成25(2013)年3月
東都医療大学ヒューマンケア学部看護学科 実習助手
平成25(2013)年4月〜平成27(2015)年3月

群馬医療福祉大学 看護学部 助手
平成27(2015)年4月〜平成29(2017)年3月
群馬医療福祉大学 看護学部 助教
平成29(2017)年4月〜現在に至る
上武大学看護学部 講師

担当授業科目

母性看護学方法論T(2年前期)
母性看護学方法論U(2年後期)
母性看護学実習T(3年前期)
母性看護学実習U(3年後期)
看護研究(4年通年)

専門・研究領域
専門領域:母性看護学
研究領域:母性看護、看護教育
主な著作・論文
著者責任著者

論文
1.豊島幸子,橋本知子,青山美智子,片野吉子,西川明美:看護学生における「やさしさ」の捉えと意識,群馬医療福祉大学紀要第3号,47−59,2014.
2.島田壽美子,堀越摂子,西川明美:母親の子育ての認識と地域別合計特殊出生率の変化率との関連−「健やか親子21」の調査から−,群馬医療福祉大学紀要第4号,87−94,2015.
3.塚本忠男,橋本知子,豊島幸子,西川明美,川田智美,島田昇,青山三智子:基礎演習、専門演習を通した看護専門職に必要な資質能力−4年次の自己評価から−(第1報),群馬医療福祉大学紀要第5号,51−60,2016.
4.西川明美,島田壽美子,堀越摂子:分娩見学実習を通して感じたこと・考えたこと−看護大学生の分娩見学レポートより−,群馬医療福祉大学紀要第5号,61−67,2016.
5.西川明美,吉田浩子:産後1ヶ月の母親の母乳育児不安の実際とその関連要因,心身健康科学,Vol.13 No.2,72−78,2017.
著作
1.堀越摂子,西川明美:国試合格塾 母性看護学,クリニカルスタディ,Vol36,No2,58−61,メヂカルフレンド社,2015.


ページトップへ戻る
最終学歴・学位等

最終学歴:放送大学
学位:学士(教養)
免許:看護師免許、救急救命士免許

群馬県喀痰吸引等(特定の者対象)研修実施委員会(平成26年、27年)
第28回介護福祉士国家試験実地試験委員
藤岡北高校 初任者研修講師「障害の理解」「老化の理解」(平成26年〜28年)
安中総合学園高校 初任者研修講師「介護に関するからだのしくみの基本的理解」(平成26年〜28年)
群馬県喀痰吸引等(特定の者対象)研修講師(平成26年、27年)
群馬社会福祉専門学校e-ラーニング講師(社会福祉士コース、介護福祉士コース)(平成26年〜28年)
群馬県教育委員会主催ぐんま県民カレッジ講師「こころもからだも足湯ですっきり」(平成27年10月)
足利南高校出前講座講師「バイタルサイン」(平成27年11月) 太田東中学校介護福祉出張教室講師「高齢者疑似体験」(平成28年1月)
藤岡市生涯学習フェスティバル講師「家庭の中にも危険がいっぱい〜転倒・転落・誤嚥を防ごう〜」(平成28年8月)
前橋市東公民館高齢者教室講師「日常生活でできる健康術〜血圧管理のコツ」(平成28年8月)
高崎市新町公民館健康講座講師(平成29年2月)

主な職歴

昭和62(1987)年4月〜平成3(1991)年3月

自治医科大学附属病院 看護師
平成3(1991)年4月〜平成4(1992)年3月

中央群馬脳神経外科病院 看護師
平成7年(1995)年4月〜平成11(1999)年3月

社団法人前橋積善会前橋東看護学校 専任教員
平成11(1999)年5月〜平成16(2004)年12月
中央群馬脳神経外科病院 看護師
平成18(2006)年2月〜平成20(2008)年4月

居宅介護支援センターくろさわ 介護支援専門員
平成20(2008)年6月〜平成24(2012)年6月

群馬老人保健センター陽光苑 看護師 介護支援専門員
平成24(2012)年7月〜平成24(2012)年11月
群馬医療福祉大学看護学部 非常勤臨地実習指導教員
平成24(2012)年11月〜平成26(2014)年3月

群馬医療福祉大学看護学部 非常勤助手
平成26(2014)年4月〜平成29(2017)年3月
群馬医療福祉大学短期大学部 助教
平成29(2017)年4月〜現在に至る
上武大学看護学部 助教

担当授業科目

診療関連技術(1年前期)
看護共通技術(1年前期)
看護研究(4年通年)

専門・研究領域
専門領域:基礎看護学
研究領域:看護技術
主な著作・論文
著者責任著者

論文
1.城田幸子,松ア圭子、梁取佳子:頭部外傷による意識障害患者の看護,意識障害治療学会,2000.
2.清水仁美,松田恵子,松ア圭子:閉じ込め症候群患者の看護,第12回日本リハビリテーション看護学会,84-86,2000.


ページトップへ戻る