アジア地域ビジネス学科

ホーム > 学部・学科 > ビジネス情報学部/アジア地域ビジネス学科

日本とアジアの関係が極めて重要になっている実情を踏まえ、日本を取り巻くアジアのビジネス環境に精通する人材を育成します。

学科目標 コミュニケーション能力や情報処理能力などの基礎能力を身に付けるとともに、アジア地域の文化やアジアビジネスの基本原理、異文化コミュニケーション、言語コミュニケーションなどの特色ある科目を用意し、アジア地域と日本の橋渡しとして、さまざまなビジネスシーンで活躍できる技量を学生が身に付けることを目標としています。また、留学生を積極的に受け入れており、中国、ベトナム、ネパールなど国籍も多岐にわたります。留学生同士、あるいは日本人学生と留学生との日常的交流を深めることにより、アジア的な、ひいては国際的な視野を持って、アジアのビジネスシーンで活躍できる人材を留学生の中にも育てていくことも視野に入れています。

カリキュラムの特色

アジア地域の学修は、経済発展の著しい東アジア圏を中心に行います。コミュニケーション能力(語学教育)、情報処理能力(情報関連科目)のための科目が充実しており、自己の目標にあったカリキュラムの設定が可能です。日本企業、欧米企業、アジア企業の経営戦略比較科目、海外研修プログラムなども充実しています。

異文化コミュニケーション
異なる文化背景の人々が実際に接触を持った場合に生じる問題に焦点を当て、特に言語・文化論とのかかわり合いにおける、コミュニケーションの諸相について考察します。
アジア地域ビジネス論
アジア各国の投資環境の現状を見つつ、具体例を通じて、生産体制、販売、人事等、日本企業によるアジアでの事業戦略のあり方を学び、さらに台頭しつつあるアジア系企業の現状についても、日本企業との相違を含めて検討を行ないます。
国際経済入門
グローバル化に直面する日本経済の現状と課題を、初心者にも予備知識なく理解できるように解説していきます。また、世界経済がどのように変化していくか、その方向を考えます。
グローバル経済と中小企業
国際分業構造の深化、特に日本とアジアとの分業関係の深まりなど、日本におけるグローバリゼーションを分析していきます。
国際取引法
現在、アジアの国際取引は年々増加しており、ビジネスでも国際取引に関する知識がますます重要になっています。本講義ではそのような国際取引に関係する法律について基礎から学びます。
日本的経営論
日本的経営の長所や短所を分析するためには、例えばアメリカなど他国の企業との経営比較分析が必要です。同時に日本的経営の方法論として学際的アプローチについても学びます。
アジアの経済発展論
「アジアの奇跡」といわれているほどの高成長を成し遂げた中国、韓国、台湾などの経済発展のメカニズムを、日本や欧米の戦後の経験と比較しながら、今後の成長や問題点などを明らかにしていきます。
アジアの金融システムと資本市場
中国人民元の国際化、世界的金融危機等、最近のトピックも交えながら、著しい成長の担い手となっているアジア諸国の資本市場がそれぞれどのように進展し、どのような課題を抱えているかを中心に学修します。
カリキュラムはこちら
海外研修(アジア地域)
アジアを知るには直接自分の目で見て、聞いて、触れて、感じることがまずなによりも重要です。この学科特有の海外研修プログラムは、アジア地域諸国を直接訪問し、アジアに関する見識を広げてもらいます。専門学修を進める上で、アジア地域に密着した学修展開を可能にすることができます。

取得できる資格・免許
簿記検定/日商簿記2級・3級などを対象としますが、より高度な資格を取得することも可能です。
情報処理/Word、Excel検定(エキスパートレベル)や初級シスアド。
語学検定/TOEIC、実用中国語技能検定試験、ハングル能力検定試験など。
その他、販売士や教員免許(商業)など。
為國
就職・進路
製造業、卸、小売、サービス業、貿易会社、商社、NGO、公務員、教員など。
ページトップへ戻る